シマノのBB(SM-BBR60)をグリスアップしてみました

こんにちは

この間BBをシマノのからTOKENのに交換しました。

→ TOKENのBBを取り付け+インプレ

前のBBが余ってるのですが、放置するのも。。と思い。グリスアップしてから保管しようと思いました。

今回グリスアップするのはSM-BBR60です。

早速分解します。

真ん中の筒を外します。

この間作った工具の出番です。

→ ベアリングのシールはがしって自作できないか?

最初にカバー?を外します。

これが。。どうすればいいの!?って感じで硬いです。

結構、根本の方ではまってるので外しづらかったです。

ここに工具を掛けて、無理やりこじりました。(^^;

外れました。

グリスでベトベトです。

ここと裏側を拭き取ってみますが、汚っ。(笑)

ちゃんと調べてませんが、2500kmぐらいかな?多分。。ですが、デュラグリスが入ってたと思います。

ベアリングのシールを外しますが、奥まってて結構外しづらいです。(^^;

四苦八苦しながら外れました。グリスあんまりないかも。。

ゴム部品以外をパーツクリーナーでプシュー!!って。掃除。

何を入れるか悩みましたが、FINISH LINE プレミアムテフロングリスにしました。

置くまで突っ込むのが難しい気がするので、多めに盛ります。

この間作った工具?の裏側で押し込みました。

意外と使えるかも(笑)

少し多めに盛ったら。

シールで上から、グリス毎押し込んでみました。

カバーを付けます。

良く見ると(良く見なくても)、開けるな!って書いてありますね。

裏を見ると、白いグリスと、古いグリスが出てるので、ベアリングの中には入ったと思います。

反対側もやって、終了です。

分解して思いましたが、これ。。裏側からどんどんグリスが流れ出ます。

これ。。どのぐらいグリスが持つんでしょうね。(^^;

2500kmで、このグリスの抜け具合である事を考えると4000kmぐらいでグリスを入れ直した方が良さそうかなと思います。

メンテナンスは、ベアリングが奥まっててシールが外しづらいのと、その側のカバーも比較的開けづらい事もあり、分解してグリスアップするよりは5000kmとか、またはおかしくなったら交換でも良いのかなと思いました。

安いので交換しちゃった方が早いし無難かも。。

また付ける時が来るのかな?と思いますが、アダプターを壊しちゃったので取り付けできずです。

アダプターがAmazonだと1000円近くするので、もう一個買った方が早いかも。。です(^^;

→ SHIMANO(シマノ) TL-FC25 SM-BBR60用アダプター取付工具/Amazon

『シマノのBB(SM-BBR60)をグリスアップしてみました』へのコメント

  1. 名前:hooligan 投稿日:2017/05/20(土) 14:19:49 ID:d3b0912bd 返信

    しげさん こんにちは

    おっ!滔々BBまで分解ですか。カップ&コーンのBBなら分解清掃はよくやりますが
    ホローテックは難しそうです。
    でも考えると最近メンテしていないことに気づいてしまいます。
    今度時間があれば1日かけてメンテしなければと思います。しかし時間があると乗りに行ってしまうので難しいです(笑)

    • 名前:しげ 投稿日:2017/05/20(土) 20:53:33 ID:f9ffadfdb 返信

      hooliganさん
      コメントありがとうございます。
      そのうちネタに。。と思ってたんですよね。(笑)
      シールさえ剥がせれば、カップアンドコーンより楽かなと思います。シールさえはがせれば。(^_^;
      メンテ。。私もそろそろと思いますが、まとまった時間があると出ちゃうんですよね。分かります。