ガーミンConnect IQを使ってみました

こんにちは

今使ってるガーミンのサイコン「Garmin Edge 520J」の機能の一つとして「Connect IQ」と言うのがあります。

説明が出来ませんが、カスタマイズ機能の1つの様です。

どう言うアプリがあるのかは、「Connect IQ|Gramin」のリンク先で確認してください。

Garmin Edgeシリーズだと、520,820,1000が対応リストに出てました。

PCからでもインストールできますが、今回はスマホアプリ(利用はAndroid版)を使ってインストールしてみます。

ガーミンコネクトをのメニューを開きます。

サイコン自体の電源が入っていて、スマホとBlueToothで接続中じゃないとインストールが出来ないので、サイコンの電源をONにして接続した状態で開始します。

メニューから「Garminデバイス」を選択します。

デバイス一覧からサイコンを選択します。Edge 520Jを選択しました。

Connect IQアプリケーションを選択します。

「アプリケーション」「ウィジェット」と「データフィールド」があります。

トレーニング画面に表示したいので、「データ項目」を選択します。

他の項目は別途確認したみたいと思います。

スクリーンショットを忘れしまいましたが。。。画面はインストール後ですが。。

下に表示される、「その他のデータ項目を取得」を選択します。

インストール出来る機能(アプリケーション)の一覧が表示されるので、インストールしたいアプリケーションを選択します。

そうすると、インストール画面が表示されます。

ダウンロードボタンを選択するとインストールされます。

インストールされると同期され、サイコンにインストールされます。

パワーメーターを持ってるとこれなんかおもしろそうです。

試しにウィジェットもインストールしましたが、確認をすっかり忘れてました(^^;

どうも、トレーニング画面には出せない様で、トレーニング画面で選択できるのは「データ項目」のみの様です。

今回は4つインストールし、「データ項目」は「EDGE6」「My Edge」と「Charts」の3つです。

表示は「トレーニングデータページ」で設定します。

やってみてはいませんが、1画面に1つだけのアプリ(他にあるかは未確認)なので、分割数は「1項目」にします。

「項目1」を選択する時に、「Connect IQ」を選択します。

全て設定して設定は終了です。ここで気づきましたが、ウィジェットも一覧に出てた気がします。。

ただ、既にデータ項目で2つ使ってまして、最大5なので、データ項目の3つだけしか設定できてませんでしたので、データ項目だけ検証しました。

で表示してみました。こんな感じです。

まずは「EDGE6」から。。。こんな感じです。

Ascentは翻訳すると上り、Descentは下りの様です。出発して荒サイの土手を降りてからスクリーンショットを取ったので、下り8mで、上り1mなんでしょうね。

次は「MyEdge」です。少しシンプルな感じですが、老眼な私にはちょっと見づらかったです(^^;

最後は「Charts」です。スピードの最大を60kmぐらいにできないもんかなぁ。。と思いますが。

これが。。気に入りました。数字がデカくて見やすいです。(笑)

他を削除してこれを使おうと思いました。

他にも色々あるので、使ってみようかなと思います。

結構楽しいです。

『ガーミンConnect IQを使ってみました』へのコメント

  1. 名前:ShimaQ 投稿日:2017/02/27(月) 18:19:25 ID:196a94758 返信

    こんにちは。

    コレコレ、気になってたんですよ。カッコイイですよね。
    Edge手に入ったら、入れてみたいと思ってます。

    • 名前:しげ 投稿日:2017/02/27(月) 18:48:01 ID:9043384cc 返信

      ShimaQさん
      コメントありがとうございます。
      ガーミンって、Polarと違って基本文字なのでこれを使うと楽しめるかなと思います。
      入手した際には是非やってみてください。
      Polarは表示項目にグラフとかあるんですよね。

  2. 名前:ボルチ 投稿日:2017/02/26(日) 23:16:03 ID:9e540ede9 返信

    通りすがりです。
    Garmin Connect Mobileで設定変更できませんか?
    私はiPhoneでEdgeも機種違いなのでひょっとしたらお門違いかも
    しれませんが・・・
    インストール済みの Charts を選ぶと Settings 欄が出てくるので
    表示項目やSpeed max値を変更できます。設定の刻みは粗いですが。
    さすがに80は無しでしょ~
    走り込むときは、通常の無機質な数字のページ表示で、流すときに
    ページ切り替えで Charts のアナログ表示にするのがお気に入りです。

    • 名前:しげ 投稿日:2017/02/26(日) 23:49:06 ID:afd2eb1ca 返信

      ボルチさん
      コメントありがとうございます。
      Android版でもできました。ありがとうございますm(__)m
      取りあえず56km/hにしてみました。
      ありがとうございます。助かりました。

  3. 名前:NIS 投稿日:2017/02/26(日) 10:55:11 ID:f878e80d7 返信

    しげさん、おはようございます。

    これ、面白そう~と思いながら、実際に使えるの?と
    二の足を踏んでいて、手をつけていませんでした(笑)

    参考にさせて頂きます(^o^)

  4. 名前:hooligan 投稿日:2017/02/25(土) 16:35:46 ID:eeb9dfe66 返信

    しげさん こんにちは

    今のガーミンエッジはそんな楽しそうな機能があるんですね。
    良いですね。
    705が壊れたら欲しいです。流石に壊れないと手が出ません。
    でも、中々使い倒してますね(笑)
    勉強になります。

    • 名前:しげ 投稿日:2017/02/25(土) 17:44:52 ID:b6c66f332 返信

      hooliganさん
      コメントありがとうございます。
      なかなか面白い機能ですよね。
      次は是非。折角なので使い倒したいと思います。