Stravaを使ってみました

こんにちは

サイクリングする時には、サイクリコンピューターを使っています。

使ってるのは、キャットアイ製のワイヤレスの一番安いこいつです。これの白なんですが、黒い方が安いので安い方をリンク。。

→ キャットアイ(CAT EYE) ベロワイヤレスプラス CC-VT210W ブラック VELO WIRELESS+/Amazon

個人的には、統計とかログとか無茶苦茶好きなんですよね。

サイクリコンピューターで総走行距離が出やり、当日の走行距離が目に見えると言うのが非常に嬉しいというか励みになります。

その他に、スマートフォンのサイクリコンピューターアプリも使っています。

RuntasticのRoad Bikeと言うアプリを使ってます。(詳細はこちら

無料版もあるので、無料版を使いましたが。PRO(500円)でアプリを買うと、停車中に勝手に一時停止になり、出発すると勝手に再開される機能が欲しくて購入しました。

このアプリって、地図上で走ったルートが表示されたります。こんな感じですね。

Runtastic Road Bike Pro

グラフで速度や高度が出たり。

Runtastic Road Bike Pro

平均ペースや消費カロリー(目安)が出たり、その他にも色々な情報が表示されます。

Runtastic Road Bike Pro

他にも、月間の走行距離なども表示されます。

Runtastic Road Bike Pro

個人的な好みに、ハマりまくりです(笑)

サイクリングが続いているのは、このアプリやサイクリコンピューターのおかげです。断言できます(^^;

多分、蓄積させるのが楽しくて走っているのが、半分です(^^;

他にも、目的地を決めて到着した時の達成感とか、景色を見ながらサイクリングして楽しいと言うのも勿論あります。

で、楽しみの半分を占めるサイクリコンピューターアプリですが、Stravaと言うのを存在しているのは知ってましたが、使った事がありませんでした。

無料なんで、試してみました。

走行距離ですが、GPSをサンプリングしながら動作しているので、当然誤差があるはずです。

サイクリコンピューターを基準に確認してみます。(サイクリコンピューターはホイールの回転数を測るので、タイヤの滑りや内輪差等による誤差はあるはずですが、タイヤの外周距離×回転数なので比較的正確なはず)

先日の荒川ロックゲートへのサイクリングの時にRantasticとStravaの両方を動作させながらサイクリングしてきましたので、比較してみます。色々書きますが、現在の所はサンプル1回なので、信ぴょう性はないかも。。です。

サイクリコンピューターだと、走行距離は42.72Kmでした。

DSC_0145

Runtasticだと、41.27Kmで、Stravaだと42.2kmでした。

距離の差はRuntasticの場合、-1450mで誤差は約3.4%でした。
Stravaの場合は、-520mで誤差は1.2%でした。

Stravaの方が2%程正確だと思われます。

以下のスクリーンショットは、地図表示の画面です。

両方共に、拡大表示ができます。

マーカーですが、Runtasticは走行距離に応じてマーカーが表示されますが、Stravaはチャレンジ区間的なマーカーが表示され、他のユーザとタイムを競う様で、全体順位や自分の過去の履歴からの順位を表示できます。

面白いですね。

(左がRuntastic、右がStrava)

RuntasticStrava

スプリットテーブル的な画面はこんな感じです。

Runtasticが距離事の集計?に対して、Stravaがチャレンジ区間毎の集計で表示されます。

(左がRuntastic、右がStrava)

RuntasticStrava

あと、グラフの画面はこんな感じです。

Runtasticは一枚のグラフに混ざって表示されます。Stravaは別々ですね。

(左がRuntastic、右の2枚がStrava)

RuntasticStravaStrava

一回使ってみた限りではこんな感じです。

ちなみに過去のデータに関しては、PCを使えば、両方共に出力と入力ができますので、移行する事が可能です。

ただ、Runtasticの出力に関しては、1回のサイクリング毎に手動で出力する事になるので、数が多いと大変そうです。

Stravaには一括ダウンロードがあると、ネットで見ましたがStrava内で見つけられませんでした。有料の機能なのかな?

距離の正確性に関しては、Stravaが良いと思います。

また、チャレンジ区間で他のユーザと競う等と言う面白い機能がStravaにはあります。

逆にRuntasticは自分の走行状況を保存する機能が基本機能の様に思いますので、方向性が多少違う様に思います。

個人的には自分の走行状況を蓄積する方向への興味が大きいので、私的にはRuntasticの方が向いている様に思います。

競争と言ってもロードバイクで走っている人と比べると全然遅いので比較にならないので、同じような友達等と比較するのであれば、良さそうですが、一人でこっそり?走っている私には向かないかも。。です。

しばらく併用してみようと思いますが、多分Runtasticに落ち着きそうな気がします。

Stravaは記録を出す事への表示情報が多く、月間の走行距離なんかはまとめてくれない様です。(週だけの様です)

週次の走行距離でまとめられても、そこまで頻繁にはお出かけしないんですよね。。

『Stravaを使ってみました』へのコメント

  1. 名前:14144 投稿日:2015/08/19(水) 19:32:53 ID:94d3d78b4 返信

    しげさんお邪魔します。
    14144です。

    皆さん この様なアプリや良いサイコンを使って沢山の走行データーを残してらっしゃいますよねぇ~(^^)
    私も最初はそうしたかったんですけど・・・

    当時のスマフォのBTが消耗してて50kを越えるとピーって(ーー;)
    で、現在は1日中自転車乗ってるのでやっぱり・・・モバイルバッテリーで対策取ろうと思ってるんですが・・・
    忘れちゃうんですよねぇ~(;´д`)

    ガーミン先生買うか・・・PCやスマフォとデーター共有出来るGPS機能のサイコン買うか・・・ってまだ一年経って無いのに~って悩みは尽きません・・・

    あのサイコン購入前にもっと良く考えるべきだったなぁ~

    • 名前:しげ 投稿日:2015/08/19(水) 20:20:41 ID:60c6f8eae 返信

      14144さん
      コメントありがとうございます。
      私の場合、統計オタク気味なところがありデータを残す事自体が楽しかったりします。むやみやたらとインジケーターが付いてるガジェットとかすごく好きです(笑)
      サイクリングが続いてるのも、半分はこのアプリのお陰の様な気がすごくします(^_^;
      スマフォのアプリは高性能ですごく安いのですが、バッテリーの持ちが大きな問題ですよね。
      ガーミン先生とかムチャクチャ魅力ですよね。ただお財布に厳しいですよね(^_^;
      実はトップチューブバックにはスマフォとモバイルバッテリーだけが入ってます。
      バッテリーが減ったら充電しながら走ってます。
      バッテリーに悪そうのが難点です。
      あと買い換えたXperia。。発熱体量が高く今の暑い時期、かなり厳しいです。
      充電しながら走ってると本体温度が上がりすぎてカメラ撮影で警告がでます(^_^
      サイコン楽しいですが、データが取りにくいのが難点ですよね。