自転車のバルブを交換してみました

クロスバイクではありませんが、自転車のバルブを交換してみました。

クロスバイクを買うまでは、自転車って消耗品で、ギア調整とか、パンク修理や、ブレーキシューの交換等は自分でやってましたが

ブレーキやディレイラーなどの大物部品が傷んだら、丸ごと買い替えと言うセレブな事をやってました。

興味がなかったと言うのが正しいです。自転車関係のサイトを見ることも、ディレイラーの調整ぐらいしか無かったです。

クロスバイクを買ってから色々興味があり、見ていた中で自転車のバルブって、色々あるんだなぁ。。と。。

クロスバイクは仏式バルブですが、ママチャリは英式バルブです。

英式バルブですが、普通は虫ゴムをバルブのチューブ側にはめて、ゴムの締める力で空気が抜けなくなっています。

この虫ゴムですが、結構な頻度でダメになります。(無茶苦茶安いのですが。。)

家族がパンクした!と言ってきてパンクを治そうとすると、8割方は虫ゴムの劣化です。

虫ゴムって、質が悪いと言うか、劣化で空気が抜け始めた頃って、すぐに抜けないんですよね。虫ゴム交換だけでOKなのかは不安です。

なのでチューブに穴が開いていないか、一応チェックする訳ですが。

穴が開いていないのに不毛な感じがします。

ここで知ったのが、この虫ゴムを使っていないスーパーバルブってのがあるそうです。

それでも100均で売ってるとの事です。

ここのサイト様で知りました。

Takaよろず研究所>自転車用新型バルブ(スーパーバルブ)を使う

ダイソーに行った時に、家にある4台分のを買ってきました。

これですね。なんと、虫ゴムの10倍長持ちと書いてあります!!

凄い、魅力的です(笑) 100円で前後分の2セット入ってます。

他にも空気漏れを大幅減少!!ですって。空気を入れる回数が減りますね。

凄く魅力的です。しかも100円!!しつこいですね。

自転車 スーパーバルブ

早速交換します。雨の中、マンションの駐輪場で交換してます。

下のバルブが入ってたバルプです。もちろんキャップも付いています。

上のが最初からついてたバルブですが、写真だと分かりづらいですが、虫ゴムの一部が切れています。

良いタイミングだったかなと思います。

自転車 スーパーバルブ 虫ゴム 比較

4台中、半分の2台のバルブの虫ゴムが少し切れていました。本来であれば、定期的に交換する部品なのかも。。

4台交換して、8本の空気を入れましたが。汗だくになりました。8本のタイヤに空気を入れるのって意外と大変でした。

空気を入れていて分かったのですが、

このスーパーバルブだと空気入れ中にタイヤの空気圧が分かるんですね。

これは良いかも。。一々タイヤを押して空気圧を見なくて済みますね。思わぬメリットでした。

虫ゴムだと、空気圧計で空気圧が測れないんですよね。

今までの感覚で入れると4.5気圧ぐらいでした。これからは4.5気圧入れるようにしようと思います。

今見てみて知りましたが、ブリジストンとかちゃんとしたメーカー製の物もあるんですね。

ちょっとお高いですが、安心かなと思います。

→ ブリヂストン 虫ゴム不要のスーパーバルブ 1パック (虫ゴム) BRIDGESTONE VS-5 A710005 P3281 VS-5・P3281/Amazon