Polar V650のルートガイダンスにルートラボで作成したルートを使う方法について

こんにちは

最初に結論から書いときます。

ルートラボで作成したルート情報をPolar V650のルートガイダンスで表示できました。

若干ログが汚れますが、要らなくなったら削除すれば良いでしょう。。

ネタとしてPolar製品(A360とV650)の記事を書きまくってるのでご存知かと思いますが。

自転車のサイクルコンピューターとしてPolarのV650を使ってます。

→ メーカーのサイト(Polar V650)

購入時の記事はこれです。

→ サイコン買っちゃった。(polar v650)

でこのサイコンですが、昨年のアップデートで地図が表示できるようになり、今年に入ってからルートガイダンス(簡易的なルート案内)が表示できる様になりました。

これだけ読むと、すごい!!ってなるのですが、このルートガイダンスで表示できるルートというのが、編集不可で自分の走った走行ルートや、他のユーザが公開している走行ルートをそのまま取り込むと言う物です。

潤沢にルートがあるならまだしも、日本国内のユーザはそんなに多くなさそうです。私もそうですが、初期値として非公開なのであまり無いんですよね。

多分、自宅付近を除外するプライベートエリア等の機能が無いから、そうなってるんだろうなぁ。。とは思います。

また、他のユーザのルートを利用する場合でも、検索ができないので地図上でエリアを絞って探す訳ですが、ルートが表示される訳ではなくスタート地点にアイコンが置かれます。

どこを走ったか等は、押して開いてみないと分からないんですよね。スタート地点は分かってもどこに行ったのかが、開かないと分からないと言う不親切設計です。見栄えがいいんですけどね。。開いても良いんですが、お世辞にも早くないんですよ。

チクチク1つづつ開いてたらかなりストレルがたまります。

メーカーの性質上、ジョガーの方のデータがほとんどで、自転車な人は探すのが大変です。

せめて、運動の種別ぐらい絞れればいいんですけどね。。

自分で走ってくるか!と思っても迷ったりしたら当然全部記録されます。回り道した所とか、修正して後日、再利用ってのができません。

という、とりあえず表示できると言う感じの機能です。流石に使えないのでこれから機能追加されると期待してます。

と言うのがアプリではなくWEBページ版のPolar Flowでできる事です。

理想的には自分で作ったルートを取り込んで使えるとと嬉しいんですよね。

このサイコンを買う前はスマフォアプリのRuntasticを使ってました。その時はルートラボってサイトを使って自分でルートを作るか、他の方が公開されているルートを使ってました。

で、話は戻りますが、ルートラボってご存知でしょうか?

ブラウザを使って、道案内等のルートを作成する事ができるサイトなんですよね。

なかなかの便利っぷりです。

これがV650に取り込めるとかなり嬉しいです。

と思いつつ数ヶ月。。。先日ネットの掲示板を見てたら、AndroidアプリのsyncMyTracksと言う名前ができてました。

説明がなかったのですが、なにそれ?と調べてみると、違うトラッキングサービス間でトラッキングデータを同期するアプリの様です。

アプリのサイトは以下になります。

→ SyncMyTracksのサイト

見ると、Runtastic,Polar Flow,Garmin Connect, Strava等メジャーなサービスが並んでます。

これは。。と思い検証してみました。

まずルートラボのサイトに行きます。(PCのブラウザで表示、タブレットなどでできるかどうかは未確認)

→ ルートラボ

こんなサイトなんですが、ルートを描く等で自力でルートを作成できますし、今回は面倒なので他の方が作成されたルートで検証しました。(自分で作成したルートでもできる事は軽くですが確認しました)

ルートの作成ですが、結構環境を選ぶので、ブラウザのChromeを使って、JavaScript版を使うのが簡単かなと思います。

で、今回は他の方が作成したルートを使わさせていただこうと思いますので、一番上の「ルートを見る」を選択します。

ルートラボ

ルートの一覧が出ますが、今回は荒川サイクリングロードを指定して検索します。

武蔵丘陵森林公園までのルートを準備しようと思いますので、良さそうなのを探します。

ルートラボ

これに決めました。途中から入るんですが、まあ良いでしょう。

V650のルートガイダンスはそこまできっちりしている訳ではなく、引いた線を表示しながら走るって感じです。

外れるとメッセージが出ますが、普通に逆走しても気づかないかも。。です(笑)

で、下の方にスクロールして、ルートをダウンロードします。

ルートラボ

ルートのダウロードの所で、TCXを選択してダウンロードします。

今回はRuntasticのルートとして取り込もうと思います。GPXだと時刻データがない!と言われてとり込みエラーににったので、TCXでダウンロードしますします。KMLは未検証です。

ルートラボ

ダウンロードしたルートをRuntasticに取り込みます。

いつも使ってるアカウントを使うと、Polar FlowとRuntasticで既に同じルートが存在するのでややこしくなりそうです。

なので、ちょっと心苦しい気がしなくもないですが、ルートの取り込み用に新規でアカウントを登録しました。

ログイン

Runにログインして、アクティビティーを表示します。

右側の青い「ワークアウトをインポートする」又は、左上の方の「スポールセッション」に左側の真四角な黄緑のボタン(四角に上矢印)を選択します。どちらでも同じ様です。

Runtastic

以下の様なページが表示されるので、ファイルを選ぶを選択し、ルートラボからダウンロードしたTCXファイルをアップロードします。

まずは、ファイルを選ぶボタンを選択します。(GARMINボタンの上です)

Runtastic

でダウンロードしたTCXをファイルを選択し、「開く」を押します。

Runtastic

そうすると、TCXファイルがアップロードされます。

数秒間だけSportsTypeが変更できますが、結構短いです時間経過で勝手に確定されます。

後で変更できるので、慌てなくても大丈夫です。

なんでも構わない気がしますが、Cyclingを選択しました。

右側のShowを選択するか、アクティビティーから表示して確認します。

Runtastic

大丈夫そうです。

左上の方の「オプション」から日付などの上方が変更できます。

初期値だと、取り込んだ日付が入る様です。

2016/1/1にまとめて入れとこうと思いましたが、日付を変更すると上手く連携されないのでそのままにしてあります。

Runtastic

ここまででRuntastic側にルートラボの目的のルートが登録れました。

ここでAndroid版のSyncMyTracksと言うアプリが必要になります。

→ SyncMyTracks(Google Play)

書き忘れましがが、接続ID/PASSを指定するので情報漏えいの観点から手放しでOKとは言えないです。

信用しても良さそうかなと思ったので使いましたが、使う方の方でどうか判定してください。

起動すると、こんな画面が表示されます。書き忘れましがが、フリー版です。

フリー版だと同期ができなかったり制約がありますが、今回の目的だとフリー版でも大丈夫そうです。

使う頻度が高くなったら、ちゃんと買おうと言うかお支払いしようかなとは思います。

Export FromにRuntasticを指定し、Import ToにPolar Flowを指定します。

Runtastic側のID/PASSは今回登録した連携用のIDを利用しました。

Polar Flow側のID/PASSはV650で使っているアカウントになります。

Export側のExport→Lastedは直近から、その下のNumber of activitiesで指定した件数を連携すると言う意味だと思います。

今回は1つだけなので、1件とします。

準備ができたら、右上の「START」を選択すると、連携が始まります。

SyncMyTracks

こんな感じで進捗が出ます。

SycnMyTracks

正常に終了したら、アプリはここまでです。

Polar Flow側を見ます。

見る場所は、ダイアリーです。

Runtasticで登録した(当日)日に表示されます。4/26の所にあるのがそれです。

Polar Flow

開いてみます。ちゃんと取り込めてます。

Polar V650のルートガイダンスで利用する為には、お気に入り登録する必要があります。

地図の右下の方に有る星マークを選択します。

Polar Flow

そうすると、名前をつける様に促されます。

今回は、葛西臨海公園-武蔵丘陵森林公園なので、「葛西-武蔵丘陵森林公園」としました。

「保存」を押すと、お気に入りに登録されます。ちょっと時間がかかるので、押せてない?と思いますが、少し待ちます。

Polar Flow

お気に入り登録ができると、右下の星のマークが黄色くなるのかな?と思いましたが、なりませんでした。

ブックマークとかショートカット的な物かと思いましが、どうも複製を作っている様なので、ルート側を削除してもお気に入りからは消えない様です。(しっかり検証してませんが。。多分、お気に入りはコピーの様に思えます)

Polar Flow

でお気に入りに登録されたかを確認します。右上の星のマークを選択します。

ちゃんと入ってます。OKです。

余談ですが、このウォーキングですが、できるだけ夜30分のウォーキングをしてますが、トレーニング目標にウォーキング30分を一回登録し、実施したのをお気に入りに入れました。

トレーニング目標は日時指定なのですが、お気に入りに登録すると30分のウォーキングだけ登録されます。

Polar A360側では次の連携以降はトレーニングの次に、お気に入りが表示され。選択すると30分のトレーニングが開始されます。

こうしておくと、目標の30分が経過すると、バイブレーターで教えてくれますし、時刻の表示も開始からの経過時間ではなく、残り時間が表示されて少し便利なんですよね。毎日使ってます。

Polar Flow

ここまでできたら、あとはPolar V650に連携するのみです。

V650をPCにUSBケーブルで接続し、PCのPolar Flowで同期するとルートに反映されます。

ルートガイダンスを使う場合には、地図の取り込みなどが必要です。

以下の記事で書いてあるので、必要でしたら見て頂けれがある程度分かるかなと思います。

→ Polar V650の新機能のルートガイダンスについて(準備)

トレーニング(セッション)開始前にルートで選択しておきます。

ちゃんと入りました。ボタン以外の場所を選択すると、登録されたルートが表示されます。

今回は左側の丸いボタンを選択します。

Polar V650 ルートガイダンス

そうすると、トップ画面の左下に選択された状態が表示されます。

この状態でスタートすると、登録したルートが表示されます。

使ってみた感じはこの記事に多少書いてあります。

→ MAXコーヒーリベンジ(葛西臨海公園)

Polar V650 ルートガイダンス

スタートを押してみます。屋内でGPSを拾ってなかったので、明後日な場所が表示されてましたが、GPSを拾ってれば比較的走行できる尺度の地図と現在地が表示されます。

Polar V650 ルートガイダンス

終点も確認してみます。大丈夫そうです。

Polar V650 ルートガイダンス

と言う感じで、ルートラボのルートをV650に取り込めました。

活用したいと思います。

Androidをお持ちでない方の場合、PC側でエミュレーターを使う方法もあるかなと思います。

この辺りのをつけったらできそうな気がします。

→ Windroyの使い方まとめ。動作が軽いAndroidエミュレータ。

iOS版はなさそうです。同じようなアプリも探してみましがが、見つけられませんでした。

一つ疑問があります。Polar Flow自体はインポート機能がありませんが、外部アプリにあるってのは公開されているAPIにインタフェースがあるって事かと思います。インタフェースにあるので、本家のアプリにないってなんとも微妙ですね。。

でもこれで、V650の便利機能が更に便利になりました。

できる事なら、Polar Flow側だけでできると嬉しいです。今後のバージョンアップに期待します。

良かったら応援の1ポチお願いします。m(_ _)m
ポチッと押して貰えるとうれしいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ


『Polar V650のルートガイダンスにルートラボで作成したルートを使う方法について』へのコメント

  1. 名前:MIT 投稿日:2016/04/28(木) 04:05:21 ID:1e61abc8d 返信

    しげさんこんばんは。

    将来的にルートの製作機能が付加されたらいいなぁ…と思っていたのですが、既に可能にする方法があったんですね!!
    痒いところに手が届かないV650が、しげさんのおかげで魅力が増しました♪
    こうなるとV650のコスパ恐ろしく良い気がします。買って良かったぁp(^-^)q
    この検証でGPSサイコンでガーミン様1強の勢力図が少し変わるかも知れませんね!!

    30日の森林公園ライドお天気良さそうですね。
    すごーく羨ましいのですが、当日仕事なのと脚が貧しいので参加出来ません(T_T)
    皆さんで楽しんできて下さい!!
    ご報告を楽しみにお待ちしております。

    • 名前:しげ 投稿日:2016/04/28(木) 10:30:57 ID:b447e7958 返信

      MITさん
      コメントありがとうございます。参考になるれば幸いです。
      まさか、こんな事でできるとは思ってませんでした。
      しんざんさんに感謝です。かなり便利になりそうです。
      Polarが公開しているI/Fに存在しているので、Polar側にそのつもりは有ると思います。
      今後本体側で実装されるのを期待してます。
      それまでは、この方法で使っていこうと思います。
      ただ、インポートを実装するとPolarのハードを持っていないユーザが利用可になるので
      その辺りを嫌がってるのかも。。と思います。
      お気に入りにダイレクトにインポートする機能だったら、クリアしそうに思いますので期待してます。

      サイクリング、日程が合わず残念です。機会あったらご一緒させてください。
      確かに、ちょっと遠いかなと思います。せっかくの連休なので頑張ってみました(笑)

  2. 名前:14144 投稿日:2016/04/26(火) 19:35:47 ID:81df133d8 返信

    しげさん お邪魔します。
    14144です

    これが羨ましい~~!!私のエッジ500 出来るっちゃ~出来るんッスけど・・・
    白黒で線だけ・・・なので何だか解らないんですよぉ~

    とは言え・・・サイコンに800だの1000だのって 10万円とか有り得ないですしねぇ~・・・
    POLAR 最後まで悩んで悩んで・・・ってサイコン買うのに3ヶ月悩んだからなぁ~・・・20000円だって相当ですよぉ~!けど、この間の筑波山Ride 獲得標高記録更新~って1944mでトロフィー出てたんだけど・・・富士山は2000m越え・・・距離も最高が140って・・・けど最初の頃三郷まで往復してボロボロに成って自転車押して歩いて・・・260k走ってるんですよぉ~・・・もっと早く導入しておけばって・・・最初の頃のデーターは全てスマフォの電池切れで無く成ってしまってますので・・・(T_T) ランニングやら何やらでメチャ使えるって言うのに・・・それでも20000円って最初メチャクチャハードル高かったぁ~!!だってスピードメーターに20000円って!?って感覚でしょ!!知らないから!

    • 名前:しげ 投稿日:2016/04/26(火) 22:06:42 ID:29a9441e6 返信

      14144さん
      コメントありがとうございます。
      まあ高いですよね。私も思います。
      スピードメーターと考えるとムチャクチャ高いと思いますが、GPS内臓のロガーと考えると、まだマシかなと(笑)
      ただ、10万はでませんね。それだけあったらコンボ載せ替えます(^_^;
      でもヒルクライムするなら欲しい一品じゃないてすか?
      獲得高度とか、みれちゃうと楽しさ倍増ですよ。
      ハードルは高いですが、一回使っちゃうと戻れませんよね。(笑)
      でしょ!?

  3. 名前:しんざん 投稿日:2016/04/26(火) 19:00:38 ID:0ca4228a9 返信

    syncmytracksを2ちゃんなら書き込んだのはもしかしたらわたしかもしれません笑
    自分のやっているやり方よりワンステップ短くかつ無料版でもできるとは・・・

    わたしはstravaでやってましたがRuntasticに乗り換えようと思いました笑
    素晴らしい検証記事です。V650ユーザーの皆さんには福音になりますね!

    • 名前:しげ 投稿日:2016/04/26(火) 19:44:15 ID:88e125c09 返信

      しんざんさん
      コメントありがとうございます。
      そうなんです。2チャンネルで見かけました。
      有益な情報ありがとうございます。
      Polar flow自体、インポート出来ないと思ってたので、こいつはびっくりって感じでした。
      ルートが連携出来ればいいので、Runtadticもstravaも変わらないと思いますよ(笑)
      ただPolar flowからstravaの連携Onにしてるので、検証中に都度stravaから登録したよ!って通知が。。
      stravaどうなってるのか、見たくないです(笑)

      V650の情報ってあんまりないので、少しでも参考になると嬉しいです。
      痒いところには手が届かない所が多いですが、安くていいと思うんですよね。V650。