サーモスの真空断熱ストローボトル(FFQ-600)の呑口をFJP-600の物に交換してみた

この記事は約5分で読めます。

こんにちは

少し前に導入したサーモスのステンレスボトルの呑み口を交換してみました。

購入記事など

今までは夏場は、キャメルバッグのポディウムアイスを使ってました。

簡単に検証してみたところ、通常のボトルより冷たさは維持していたので、満足して使ってました。

ステンレスボトルの冷たさ維持時間はかなり長いとは知ってましたが、落として凹ませそう(自分も凹む?)とか高いなぁ。。とか思って手を出してなかったんですよね。
安く購入する機会があったので今年、買ってみました。

すごく暑い時期でも午後まで入れた氷が残ってたりして、保冷機能は今までのボトルと比べると異世界なレベルでした。

呑み口に少し不満ができた

保冷機能は非常に満足でした。
呑口はこんな形状で柔らかい(シリコン?)感じのストローです。

サーモスの真空断熱ストローボトル(FFQ-600)の呑口をFJP-600の物に交換してみた

このストローな形状の呑み口ですが、ボトルを逆さまにしなくても飲めて結構便利です。
実際には、逆さま以前に立てた状態でも最後まで飲めるんですよね。すごく良いです!

良い所もあるのですが、デメリットを感じる部分もありました。

  • ストローが細いので一気(短時間)で沢山飲む事が難しい
  • 運動強度が上がって息切れしてる状態で吸うのが大変
  • ストローが潰れて時々出てこない(ストローの見えてる部分を横に指で摘んだりすれば解消)

一気に飲む事ができないのは、今までのボトルだとボトルを押せば出てきたんですが、このストローな形状だと自分で吸うしか無いんですよね。あと、息切れしてると吸えない。。

どちらも、通常ライドだと息が整うまで飲むのを少し我慢すればいいよね!と言うレベルではあるのですが、ZWIFTのワークアウト中で強度が高めで休憩が短いとほとんど飲めずにワークアウト終了!なんて事もありました。

解消方法を考えてみた

同じ様に自転車用途?に設計されている違うボトルがあります。
こっちの呑み口は大きいので、ガバガバ(笑)出そうで、出て来ない!と言う問題は解消されそうです。
もう一個買えば良い気がしますが、少々お高いので躊躇します。

created by Rinker
サーモス(THERMOS)
¥3,690 (2022/09/26 15:02:19時点 Amazon調べ-詳細)

このボトルのメーカーのサーモスさんって、保守パーツが販売されていて購入可能なんですよね。
呑み口だけ交換すれば良いのでは?

と調べてみたところ、どうやら購入済みのFFQ-600と、FJP-600は呑み口の互換がある様です(購入する場合は自分で調べてから購入してください。)、って事で呑み口だけ購入しようと思います。

と思って買おうと思ったら、ターコイズブルーしか売ってなくて、ブラックは欠品してました。
ターコイズブルーでも良いか?と思いましたが、見た目をあまり気にしない私でも、流石に無いかな。。(^_^;

余談ですが、どのボトルの呑み口でも使えるだろう?と思って、自転車用途以外の呑み口を買ってみようと思ったんですが、どうも互換が無いっぽいです。(^_^;

created by Rinker
サーモス(THERMOS)
¥1,700 (2022/09/26 15:02:20時点 Amazon調べ-詳細)

悩みに悩んで、直販サイトで入荷待ち連絡をお願いして待ってた所、2週間ぐらいでで入荷メールが来たのですかさずポチりました!

交換してみた

佐川さんで到着。

サーモスの真空断熱ストローボトル(FFQ-600)の呑口をFJP-600の物に交換してみた

開封!!

サーモスの真空断熱ストローボトル(FFQ-600)の呑口をFJP-600の物に交換してみた

当然ですが、指定したパーツです。

サーモスの真空断熱ストローボトル(FFQ-600)の呑口をFJP-600の物に交換してみた

呑み口ですが、FFQ-600にはなかったですが、ロックがあります。
走ってる最中はロックは開けっ放しになりそうですが、輪行時には有った方が便利かも?

サーモスの真空断熱ストローボトル(FFQ-600)の呑口をFJP-600の物に交換してみた

内側は、ストローな方と比べると簡素な感じです。

サーモスの真空断熱ストローボトル(FFQ-600)の呑口をFJP-600の物に交換してみた

呑み口ですが、思ってたよりぶっとい!

サーモスの真空断熱ストローボトル(FFQ-600)の呑口をFJP-600の物に交換してみた

前後しますがロックは下にすると解除でした。

サーモスの真空断熱ストローボトル(FFQ-600)の呑口をFJP-600の物に交換してみた

単純に口が違うだけ?と思ってましたが、プッシュボタンの位置なども含めてかなり形状が違いました。

サーモスの真空断熱ストローボトル(FFQ-600)の呑口をFJP-600の物に交換してみた

交換してみます。無事入りました。
余談ですが、手持ちの同じぐらいの大きさのサーモスの普通のステンレスボトルに付けてみましたが、付くのはつきましたが、ボトルの太さが一致せず不格好で、ちょっとした事で漏れそうな気がするかじでした。互換は重要かも?

サーモスの真空断熱ストローボトル(FFQ-600)の呑口をFJP-600の物に交換してみた

呑み口はやっぱりでかい。飲み放題では?(笑)

サーモスの真空断熱ストローボトル(FFQ-600)の呑口をFJP-600の物に交換してみた

ローラーで使ってみた

外ライドに行く予定がないし、そもそも切実だったのはローラー(ZWIFT)の時だったので使ってみました。

やっぱり簡単に大量に出てくるので短時間で簡単にたくさん飲めました。

デメリットも感じました。
大量に出過ぎます。加減しないで普通のボトルの様にあおると、ですぎて溺れました(笑)

あと、今までは表でも氷が長時間残ると、足したドリンクも氷が残ってて凄い冷たいんですよね。
なので、出るときは多めに氷を入れてでかけてました。

氷を大量に入れると、ドリンクより氷が軽いので上に氷がたまります。
飲む時に呑み口付近に氷がたまり、そこの方には氷がない状態になります。
なので、飲む時に氷が邪魔になりました。なので、氷を大量に入れる運用は難しそうです。

買ってみたものの、ローラー専用の呑み口になりそうです。(^_^;

FFQ-600のストローは、底から飲めるので氷を大量に入れていても問題が起きません。
外ライドは、ストローの方が良さそうです。

って事で、一長一短かなと思える結果でした。

コメント

  1. サーモスは自転車用のボトルが出る前に一般用途のボトルを持っていました。保冷力は問題ないのですが、やはり飲み口が大き過ぎて直接飲むには適していないため、紙コップなどに移してから飲まないと溢れます。
    自転車ショップでサーモスのボトルを見かけた時に飲み口を確認したらストロータイプだったので、これなら行けるかなと購入しました。
    私の場合は息切れするほど強度を上げることは少ないためストローで充分事足りるのですが、欠点としては飲み口が潰れていると吸っても出ない事があるのと、ポディウムなどと比べて走りながら飲む時に少し飲み辛い点でしょうかね。
    それでも夏場はこれ一択なので重宝しています。補修パーツが手に入れ易いのもメリットですね。

    • 輪太郎さん
      コメントありがとうございます。
      やっぱり少し大きいですよね。
      数回使用したら慣れましたが、氷で蓋ができちゃうので屋内や短時間等で氷少なめじゃないと厳しいかも?です。
      ストローですが、折れて突っいて出てこないことがありますよね。
      ストローを咥えて、左右等にボトルを少し引っ張ると出てくる事が多い気がします
      保冷性も凄い良いし、保守パーツの多さや入手性も嬉しいですよね。