ヘルメットに尾灯をつけました(CATEYE SL-WA10 WEARABLE mini)

この記事は約3分で読めます。

こんにちは

次に参加予定のブルベ「BRM611 大洗・銚子300 CENTENAIRE(2022)」って、装備は400kmと同じ装備の指定なのですが、普段からゴツゴツとつけまくってるので、自転車自体の装備はそのまま参加できますが、ヘルメットに尾灯が必要です。

前に使ってたのがあるはずなんですが、昨年落車時にヘルメットを割ってしまい分解して遊んだんですが。。

その後から、見た覚えがないです。あれ?(^_^;

尾灯自体は、3年ぐらい前にこの記事で買ったヤツがあるはずです。
壊れて失格!とかなると嫌なので、2個買ったんですよね。

ない!!と思って探しまくって、1個見けました。
もう一個はパッケージに入れて保管した気がするんですが。。見つかりません。
その記憶自体が怪しいですが。。(^_^;

ヘルメットに尾灯をつけました(CATEYE SL-WA10 WEARABLE mini)

このテールライトは「CAT EYE SL-WA10 WEARABLE mini/メーカーサイト」ですが、重量がメーカーサイトの記載で12gと凄く軽くて、安いんですよね。使ってる間に分解しないかちょっと不安になるぐらいの構造ですが、今の所は大丈夫です。
もう1つの特徴としては、ランタイム時間が長い!ものすごく長いです。
CR2032を1つ使いますが、点灯:60時間、スロー点滅:550時間、ラピッド点滅:140時間とメチャクチャ長いです。明るいか!?と言われるとそこまで出ないとは思うんですが、暗い場所であればあり!と思えるぐらいの光量はあると思います、明るい所だと暗いなぁとは思います。
自転車にこれだけだとちょっと不安かも?ですが、追加ですから。。ありかな。

前置きが長かったですが、つけてみます。

ヘルメットに尾灯をつけました(CATEYE SL-WA10 WEARABLE mini)

使ってなかったと思うんですが、放置し過ぎか電池が無いのでまずは電池を交換します。
赤い透明のレンズに後ろ側のゴムがハマってるだけの簡単構造です。ゴムを極端に歪ませると外れそうな気が。。します。(^_^;
電池は本体に直接側面から差し込む感じで交換できます。

ヘルメットに尾灯をつけました(CATEYE SL-WA10 WEARABLE mini)

点灯するのが確認できました。壊れてなくてよかったです。

ヘルメットに尾灯をつけました(CATEYE SL-WA10 WEARABLE mini)

ヘルメットの後ろ側には2箇所つけられそうな場所がありますが、奥行きが少ない下側にしょうと思います。

ヘルメットに尾灯をつけました(CATEYE SL-WA10 WEARABLE mini)

付属のゴムバンドと、フック?を使います。

ヘルメットに尾灯をつけました(CATEYE SL-WA10 WEARABLE mini)

無事付きました\(^o^)/
見つからなかったら買わなくっちゃ!と思ってたので、有ってよかったです。
もう一個。。どこに行ったかなぁ。。(^_^;

ヘルメットに尾灯をつけました(CATEYE SL-WA10 WEARABLE mini)

あと、ライトを探してたらこんなのを見つけました。

せっかくなので、先日つけたライトアダプター?につけようと思います。

つきました。ヘルメットライトが壊れたり、なくしたらこれをつけよう!

————————————- 広告  ————————————-

コメント