Garmin拡張バッテリパックでライトを使いながら充電できるか試してみた

この記事は約5分で読めます。

こんにちは

だいぶん前に買った、Garmin拡張バッテリーパックで、最後に買ったORIGHTのライトを充電しながら使えば、ライトの点灯時間が伸ばせるなと思いました。

Garmin拡張バッテリーパックについて

だいぶん前にGarminの拡張バッテリパックを購入しました。
この記事のです。

これをrec-mountsにつけて使ってます。

購入当初は必要なくない?と言われた気がします(笑)が、そのとおりです(^_^;
現状、Garmin Edge 530の20時間と言うランタイム時間を超える様なライドをしていないので、必要に迫れる様な出番がありません。
520Jの時の様にサイコンのバッテリーがヘタってきたら出番が増えそうですが、外ライドすらあまりしてないので充電回数も少なくて、バッテリーは凄い元気なままです。

それに加えて、拡張バッテリーパックを買う前は、ライドにでかけて帰ってきたら充電する!って感じでしたが、いつでも走りながら充電できる状況になっているので、基本充電しないでバッテリー残が少なくなってきた!って言うサイコンからの警告が出てから走りながら拡張バッテリーパックから充電しています。なので、充電回数が1/4ぐらいまで下がってますので、サイコンのバッテリーにはかなり優しい事になってる様に思います。使いながら充電するのが良いか?と言われると微妙ですけど(^_^;

Garmin Edge 530と、拡張バッテリーパックをフル充電でお出かけすると、57時間連続で使用できると思われます。(※最初の過去記事で計算してました)

OLIGHTのRN1200(ライト)について

この記事で買ったライトなんですが明るいのはさておき、点灯しながら充電できるんですよね。
今まで使っていたCATEYEのVOLTシリーズは充電しながら点灯は出来ませんでした

点灯中にバッテリー残量が少なくなったら充電しながら使えるよね!と思ってます。
余り使ってないGarminの拡張バッテリーパックもありますし、便利では?と思います。

点灯しながら充電ポートから入力した場合、ライトは外部電源からの供給になるのか、内蔵バッテリー経由で点灯するのか不明です。ライトが外部電源から供給しながら、内蔵バッテリーへも充電されると嬉しいですが、そこまで凄い製品とは思えないので、内蔵バッテリー経由な気がしますが。。。

点灯しながら充電してみる

別にモバイルバッテリーでも良くない!?と思えますが、メリットはケーブルが短くて済みそうです。

って事で、100均でTYPE-A→TYPE-Cのケーブルを買ってきました。
長さは失念しましたが10cmか15cmぐらいでしょうか?

Garmin拡張バッテリパックでライトを使いながら充電できるか試してみた

狭い場所で差し込みづらかったので、拡張バッテリーパックを一旦外しました。慣れれば外さずにできそうです。下側のキャップを外すと、TYPE-A(出力)と、TYPE-A(マイクロUSB)(入力)があります。

TYPE-Aとライトを接続すると充電し始めます。

Garmin拡張バッテリパックでライトを使いながら充電できるか試してみた
Garmin拡張バッテリパックでライトを使いながら充電できるか試してみた

こんな感じで接続できました。中々ぴったりなケーブル長でした。

Garmin拡張バッテリパックでライトを使いながら充電できるか試してみた

横から見ると、こんな感じです。

Garmin拡張バッテリパックでライトを使いながら充電できるか試してみた

もちろん点灯しながらも充電できます。

Garmin拡張バッテリパックでライトを使いながら充電できるか試してみた

実際に利用できるか考えてみる

では使うものになるか考えてみました。

Garmin拡張バッテリーパックの容量は3100mAhです。USBの出力は2.4Aと出力は十分です。
ライトのRL1200ですが、バッテリー容量が4000mAhもありました(^_^;
GarminEdgeへの電力効率は前に調べたら推定61%でした。ライト側の充電効率が不明なので、同じぐらいと仮定します。そうすると、充電できる容量は1890mAhぐらいです。半分弱ぐらいです。。(^_^;

1200ルーメンで、駆動時間が1時間30なのが、45分伸びて2時間15分に。
ローの300ルーメンだと、6時間30分なのが、9時間45分と3時間15分伸びると思われます。

検証された方の情報だと、ローの300ルーメンは時間経過で暗くなって150ルーメンぐらいに落ちて、駆動時間は14時間ぐらいだった様です。それが正しいとすると20時間ぐらい点灯(消さない条件)するので良さそうです。
  → OLIGHT RN1200の点灯実験/東京~大阪キャノンボール研究

いづれにしてもライトのバッテリー容量に対して、拡張バッテリーパックの容量が少ない事から非常用程度にしか使えなさそうです。しかも、サイコンの充電の可能性もある条件では、使い切る訳にも行かないです。短時間延命したい場合など、限られた場合しか出番がなさそうです(^_^;

仕様通りで、ローの300ルーメンで、6.5時間駆動だと、次に参加するブルベだと日の出がAM6時ぐらいで、0時発なのでギリギリ足りないかなと思われます。(^_^;
早く帰ってこれないと夜に突入します。VOLT800と併用すると思うので、こっちは予備バッテリー持っていきますので、RL1200は大きめのモバイルバッテリーを持っていって日中充電かなと思います。

また、雨の日はサイコン以外の充電は無理なのもあり、防水のサドルバッグの中で充電が無難そうです。

やってみましたが、やっぱり非常用ぐらいかなと思われます。イマイチかな?

————————————- 広告  ————————————-

コメント