シマノブレーキのフネの謎のパーツが分かりました

こんにちは

少し前に、ブレーキシューのフネについてる、パーツが何だか分からなかったので記事にしました。

この記事です。

→ シマノブレーキのフネの謎のパーツが!?

赤丸の中にあるパーツです。このパーツですが、シマノのブレーキについていましたが、全てのグレードのフネについている訳ではないみたいです。

ショップのメカニックに聞いてくださったとコメントいただきました。

予想?していた通り、ブレーキシューの摩耗を知らせるガイドだそうです。

なるほどです、ブレーキシューが減ってきた時に、このパーツがホイールに設置する事で、ブレーキを引いた時の感触が変わるのかなと思います。パーツ自体はブレーキシューのゴムより固めなので分かるのかなと思います。

と言うことで、これだけだと記事が薄いので確認してみました。

ブレーキを確認します。ブレーキシューがついていると分かりづらいのブレーキシューを外してみようと思います。

外しました。掃除してからにすれば良かったと後悔。

写真が汚くてすいませんm(_ _)m

この状態でブレーキのフネをホイールに近づけます。

ホイールのブレーキシューが当たる場所に設置するのかと思ってましたが、ブレーキ面より内側に接地しました。

このホイールですが、リムハイトが低くカーブがきついからか、このホイールでは目的のパーツがリムの接地する前か同時ぐらいに、フネの金属部分がリムに先に接地しました。

と言う事で、これで気づけるためには、ホイール側にも一定の条件が必要そうです。

手持ちのホイールだと、カーボンリムのホイールだとフネより、このパーツが若干、先に接地しそうな感じです。

このパーツの高さが倍ぐらいあると良いかなと思いました。

とは言え、ブレーキには割と気を使ってるので、そこまで使いませんけど。

ブレーキですが、この後掃除しました。(^_^;