パワーメーターを取り付けました/Watteam Powerbeat

こんにちは

前回の続きです。中古パワーメーターが到着したので今日は、開封・取り付けです。

→ パワーメーターを両側計測してみようと思います(購入)/Watteam Powerbeat

こんな箱で到着。

中身はこんな感じ。新品だったらラッキー!!とか思ってましたが、思いっきり中古です。ヤッパリ。。(笑)

箱は2個になりました。左のがシングル、右のがデュアルです。

ネットで見ても箱の写真?は色々あるので、出荷時期で違うのかな?

内箱。

開けてみます。

消耗品以外は全部入ってそうです。

本体もあります。センサーってはがせるんですね。。。

と思ったら、片方壊れてるし。。(^_^;

そんな上手くは剥がせませんよね。。

いづれにしても左側のセンサーは、そのまま使おうと思ってたので許容範囲です。

早速取り付けようと思います。

位置決めします。詳細は前回の取り付け記事を見ていただければ。。と少し端折ります。

左側と同じく、ペダルを前に出した時の上の写真のクランクの上側につけようと思いましたが、なるほど、裏側です、そりゃそうですよね。。危なっ。(^_^;

位置決めは、付属の鉛筆でスリットの中を塗ってセンサーのキャップの溝と合わせて位置を決めます。

クランクの塗装を削らなくっちゃいけませんが、当然の様にガイドがありません。(使い捨て)

なので、この辺りかな?って所を、テープで保護してから紙やすりで広めに削ります。

上手く削れないので、広めに削りました。接着面が削れてれば大丈夫のはずです。

センサーの接着面とクランクの接着面を脱脂します。

使ったのは前にAmazonで買ったこれ。

→ AZシリコーンリムーバースプレー ZEQUE 420ml/Amazon

接着剤は付いてるわけないなと思ってたので、用意済みです。

ネットで、こっちの方が良いと見かけたので、これにしてみました。

Amazonで買おうと思ったら、最小ロットが3個。。そんなに要らん!と別の所で買いました。(^_^;

→ セメダイン 金属用高強度 接着剤 メタルロックP25G/Amazon

2液タイプなので、両方同じぐらい出します。なにの上で混ぜるか。。面倒なので、パッケージの裏側を脱脂して、ここで。。。

混ぜます。

センサーの裏側に塗ります。

で、クランクにペタッ!付属の輪ゴムで固定します。

純正の接着剤(も2液タイプ)は24時間以上。。とありましたが、この接着剤は実用強度は1時間とのこと。。ですが、シッカリ接着したいので、24時間固定します。

キェリブレーション等は明日やろうと思います。