中華カーボンホイールのインプレ(LWC Wheels)

こんにちは

先日から借りてる中華ホイールですが、少し使ったのでインプレしてみます。

借りてきた+取り付け記事はコレです。

→ 丸い物を借りてきました

ホイールは、LWC Wheelsと言うカーボンホイールを製造、販売されている企業のホイールだそうです。

メーカーサイトを見たら、上位グレードが有って一番軽いので、24mmハイトで、前後で790gですって。。ものすごい軽いですね。

→ LWC Wheels/メーカーサイト

あと、タイヤはこの記事で交換した、Michelin Pro4 Service Courseのチューブラー(23c)です。

→ チューブラータイヤの交換に初チャレンジしてみました

借りてるホイールはリムハイト24mmのチューブラーホイールです。

早速でもないですが、実走で使ってみました。(写真は荒サイで撮った写真です)

見た目はこんな感じです。NISさんが難点は見た目が凄い地味なんですって言ってましたが、確かに地味です。

これは好みなのかと思いますが、LWC WHEELSとかデカデカと主張するよりは自分的には良いかな?と思います。

前後、模様はカーボン柄です。

最初に、ご存知かと思いますが鈍いのと脚力がないので、インプレの内容に期待するとがっかりすると思いますので、ご注意ください。(^_^;

比較はシマノのWH-9000 C24-CL(以降デュラと表記)と、Vision Trimax 30(以降Visionと表記)の2本です。

タイヤは、デュラがMichelin Power Endurance 23c、VisionがMichelin Power Endurance 25cで、チューブはラテックス(Schwalbe)です。

まずは漕ぎ出しですが、Visionは重いので比較しませんが、デュラは漕ぎ出しが非常に軽くて山に行くときはこれ一択って感じで使ってます。このホイールはデュラより前後で350gぐらい軽くなってますので、凄く期待してました。

さて、出発!!\(^o^)/

コギコギしてみます。。。おおっ!滅茶苦茶。。。軽く。。ない?あれっ!?

デュラよりスプロケが小さいから!?期待しすぎた!?

デュラと比較して重くは無いけど、軽くもない感じです。なんとも予想外な。。(^_^;

デュラより少しだけ漕ぎ出しが重い気がします。なんで!?漕ぎ出しってリムの軽さに比例するんじゃ?

まあ、理由は分かりませんが、リムの軽さに比例する程は漕ぎ出しは軽くない感じです。デュラが良すぎ。。なのかも?

空気圧は、悩みに並んで先日の記事のVittriaは高圧を推奨するとの話を聞いて、リア8Bar, フロント7.8Barにしました。

もっと入れれば違うのか?

そのまま回していくと、感じるのは以下の様です。

(1)良く回る感じがする。

(2)乗りごごちが非常にマイルド

(3)転がり抵抗の低さを感じる(良く転がる)

(4)路面の段差による突き上げは小さく衝撃が緩和される

(5)回していくと、29km/h以上ぐらいから良く回る様に感じる

(1)の良く回る感じがするのはハブが良く回るからかも知れない。自転車ラックに載せた状態で、フロントホイールを手で軽く回してやると、いつまでも回ってる感じするぐらい良く回ります。リアも他のホイールと比べると空転回数は多い感じがします。

(2)はホイールやスポークの影響もあると思いますが、チューブラータイヤだからでしょうか?マイルドさ(乗り心地の良さ)は、クリンチャーからチューブレスタイヤに変えた時も感じますが、チューブラータイヤはもう1段上のマイルドさを感じます。

凄く良い!ほんと乗ってて気持ちいいです。

(3)もチューブラータイヤの特性でしょうか?(2)同じ様に感じますが、チューブレスも良いと思いましたが、更に良い感じです。あと、デュラはスポークなのか、ホイール(リム)が乗り手の重量に対して剛性が十分無いのか。リムの真円を維持出来てないのかも?と思えますが、そう言う感じがしません。Visonも剛性が高めなので、良く転がる感じはしますが、Visionは乗ってて硬めなのが分かりますが、このホイールは剛性が高い!!とは感じず程良い(中間)感じがします。

(4)(2)から(4)って同じ事なのかも?ですが、エアーがクリンチャーの時より入ってるのに、凄いしなやかな感じがします。ただし、小石なんかをチョピリ踏んだ時の挙動はエアー圧が高いんだなと感じます。なので、砂利や砂の道なんかは、この時の空気圧だと走りづらかったです。相反する事を言ってる気がしますが、そう感じました。

(5)ですが、29km/h以上ぐらいから凄く良く回ります。ホイールって、不思議ですが、Visionなんかも32km/h強ぐらいから良く回り始めます。エアロ効果とかなのか分かりませんが、ホイールによって良く回る速度域(回転数)がある様に思います。

デュラだと、0km/hから27km/hぐらいが気持ち良く回せます。Visionはリムが重い(重そう?)なので、ある程度回転してからの方が回しやすいです(筋力や持続力がついてきませんけど。。)。このホイールは29km/hぐらいから上が良く回りす。ある程度回してからだと、勝手に回っていく感と言うか、速度を上げるのに必要な力が少なくて済む感じがします。

速度を上げていくと、23km/hから25km/hぐらいの間が、思いの他力が必要と言うか重い気がします。その速度で維持する分には重いとか感じませんが、そこから速度を上げるのに、他の速度域より大変な感じがします。

なんとも不思議な気がしますが、どのホイールも多かれ少なかれ、そう言う場所がある様に思います。デュラは30km/h以上、特に32km/h以上ぐらいで維持するのが大変です。(^_^;

あと、このホイール。軽いのに足を止めても速度が落ちるのがゆっくりです。デュラは笑っちゃうぐらいの勢いで減速します。軽量ホイールの定め(笑)かと思ってましたが、単純じゃなさそうですね。

と言う感でした。

40km/h以上とかで巡航できる足があるなら、Visionの方が良さそうですが、自分ぐらいだと、このホイールが凄い使いやすいです。と言うか、乗っててとても楽だし、気持ちいいです。

このホイールを使ってる間は、Visionの出番がなさそうです(^_^;

あっ、書き忘れましたが、ブレーキですがBONTRAGERのコルクを付けていきました。

カーボンホイールはブレーキが効きづらいと良く聞きますが。

フロントが多少ブルブル(笑)してましたが、平地なら普通に効きました。トーイン付けるか、シューの表面(付ける時に削らなかった)を掃除してみようかなと思います。

土手の下り坂も、若干効きが悪いかな?と思う程度で、普通に効きました。

でも、雨の日は全然みたいですね。

ピントずれちゃいましたが、平地なのでそんなにかけてないので、ブレーキシューの回転方向の後ろ側にバリが出来てて、凄い減ってる感があります。なんか、もりもり減りそうです。(キャリパーまた汚しちゃった。。掃除しなくっちゃ)

あと、山もデュラより多少重そうですが、これで行けそうな気がします。

機会があったら持っていってみたいなと思います。シューはSWISSSTOPに変えようとは思います。

山でも、これで行けたら(行けそうな気がする)、デュラも出番が減りそうです。

天気が微妙なブルベはデュラ一択(平地ブルベならVision?)かなとは思います。晴れのブレベでも使ってみたらどんな感じなんだろう?と気になります。

借り物を使い倒してて良いのか?と疑問がありますけど。。良いって言ってたし。。(^_^;

と言う感じで、突き抜けて凄い!!と言う所は感じませんでしたが、どの方向を見ても地味(?)に上を行ってる感じがします。

カーボンホイールをみんな欲しがる(?)のが良く分かりました。

また、チューブラーも面倒くさいじゃん!と思ってましたが、それを差し引いても、これ。。良いですね。ほんと。

カーボンホイールも、チューブラーも虜になりそうでヤバいです(笑)

『中華カーボンホイールのインプレ(LWC Wheels)』へのコメント

  1. 名前:teruc 投稿日:2019/12/18(水) 12:38:34 ID:08652b99f 返信

    こんにちは
    カーボンホイール お買い上げの日も近そうですね(笑)
    もし買われるならリムハイト高い方がいいと思いますよ。
    今のホイールは50mmクリンチャーでも1400g以下とかありますし、上りでもアルミに比べれば楽だと思いますし、平地で楽ができれば、山に着くまでに足も残せますしね。

    • 名前:しげ 投稿日:2019/12/18(水) 21:55:47 ID:a130e9fd2 返信

      terucさん
      コメントありがとうございます。
      ほんといいですね。みんな買うのが分かった気がします。
      高いのはもっといいんでしょうね。

      リムハイトはほんと悩みますよね。
      可変リムとか出ればいいのに(笑)