プレシジョンスポーツのブレーキを交換しました

先日、ミストラルから外したブレーキをあさひサイクルのプレシジョンスポーツにつけました。
備忘録と言うかこれからプレシジョンスポーツのブレーキを交換する人のため?にメモしておきます。
写真等はミストラルの交換時と同じなので、全く撮ってませんので、文書のみです。

調べた限りでは、プレシジョンスポーツに付いているブレーキは、表記はありませんでしたが
ネットで調べた限りでは、TEKTROと言う会社のミニVブレーキと言う物の様です。

Vブレーキよりコンパクトでアームが短い分、ブレーキレバーの引きしろも短い様です。
また、アームが短い文、ブレーキの効きも多少弱い様です。
Vブレーキはテコの原理でブレーキシューを引っ張ってる様で、アームが短くなると当然同じ力で
ブレーキシューを引こうとしたら、アームが短い分、力が必要なはずです。
ブレーキレバーの交換が必要?と思いつつ交換してみました。

ミストラルと同様に交換しましたが、ブレーキのバネの力を決める穴の位置が元々ついてたミニVブレーキの場合には、中央部になってました。

IMG_0086.JPG
そのまま新しいブレーキ”SHIMANO BR-M422″と交換すると、バネが効かずフニャフニャで困った感じでした(笑)
一番上の穴(一番強い方向)の変更してみたら、普通な硬さになりました。まずいかと思いましたが、一安心です。

その後、ブレーキにケーブルをつけようとしたら、アウターケーブルが長くて無理そうなので、アウターケーブルを2センチ程カットしました。
ブレーキのバーが長くなっているので、アウターケーブルが余った様です。

ブレーキシューをつけて、ブレーキの片効きを直して終了です。

ブレーキレバーの引きしろに関しては、特に違和感がないのでレバーは変更せずに、このままで良いかなと思います。
ブレーキの効きですが、かなりブレーキシューが減っていたからか、ブレーキ自体の性能が高い(Vブレーキになって、ミニじゃないので引ければ強いはず?)
のか、かなりブレーキの効きが良くなった様です。
息子いわく、凄く効くようになったとの事です。

プレシジョンスポーツに元々ついてたブレーキですが、アーム部分が細く見るからに剛性が低そうな感じです。
安いとは言え、SHIMANO BR-M422の方が空きからにアームが太くて良さそうです。
もし買い換える場合、価格差が小さいので、ミストラルにつけたBR-T610の方がお勧めかなと思います。

ブレーキ自体の交換については、安全性の問題を考慮すると一概に自分で交換するのが良いとは思えません。
不安な場合には、やはりお店で交換してもらうのが良いかもしれませんね。