フレームの傷の原因がタイヤのヒゲ?だと分かったので切りました

こんにちは

先日、チェーンステーにホイールが接触してるの?って内容の記事を書きました。

この記事です。

→  ホイールがチェーンステーに接触する!?ので保護テープを貼ってみました。

Twitterとか、コメント欄で教えていただきましたが、どうやらタイヤのヒゲ?が接触するとこうなる様です。

まったくもって知りませんでしたが、MTBに乗ってる方だと、割と周知の事実の様です。

ホイールのリムが接触しているのかと思いましたが、それにしては傷が浅いなと思ったんですよね。

良く見れば分かりそうな物ですが。。(^_^;

傷はこんな感じだったんですよね。両側に同じ様についてました。

タイヤのヒゲなのか?

見てみます。傷の位置は大体赤い丸の位置です。リムより前(外?)にあるので、リムの傷じゃないので、見て明らかですね。(^_^;

とヒゲの位置と良い感じに一致します。なるほど。。

と言う訳でヒゲを見てみます。タイヤは以下の記事のMichelin Power Endurance 23cです。

→ タイヤをMichelin Power Enduranceに交換しました

カッターで切断します。ニッパーは。。良いのを持ってなかったので、タイヤを切らない様にヒゲを指で引っ張って、タイヤから少しだけ離れた所でカットしました。

このタイヤの場合、片側に約8本。両側で16本ありました。前後合わせて32本前後カットしました。

大変かな?と一瞬思いましたが、大変でもなかったです。

先日入れた、奥さんのも太さは25cと違いますが、同じタイヤです。

同じ様な長さですが、数が多いんですけど。。(^_^;

このヒゲって、タイヤを作る過程での空気抜きだそうです。あるのは仕方ないですね。

ただ、今別のホイールについてすSchwalbe Pro One(TL)はかなり短くて当たるとは思えません。

予備に持ってるContinental GP4000S2も割と長かったはず。。

次からは、タイヤのヒゲは付けた際に切る事にしようと思います。

ヒゲを切る人がいるのは知ってましたが、見た目の問題で切るのかと思ってました。(^_^;