CATEYEのライト(VOLT)が使いながら充電できるか確認してみました。

こんにちは

次回のブルベは、ついに?300kmにチャレンジしようと思ってます。

夜間の走行が長いので、200kmみたいにバッテリーが最後まで持ちそうにありません。

なので、充電しながら走ろう!とか思ってましたが、先日SEIJIさんのお店に遊び(昼食)に言った際に、充電しながら点灯しないのでは?との事。。マジですか!?

と。。とりあえずネットで検索してみると。。自分のブログがヒットしました。。

しかも、コメントの返事でできなさそうじゃない?って自分で書いてるし。。(^^;

なんとも、お粗末な感じですね。

→ 明るいライト(CATEYE Volt800)が来ました。

話は戻りますが、手持ちのライトはCATEYEのVOLTシリーズです。

以下の2つを買いました。

→ CAT EYE LEDヘッドライト VOLT400キット 急速充電クレードル&カートリッジバッテリー付属/Amazon

→ キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト VOLT800/Amazon

購入記事は以下になります。

→ ライト購入しました(CATEYE VOLT400 KIT)

→ 明るいライト(CATEYE Volt800)が来ました。

VOLT400の方は、購入記事に書いてありますが、ライト本体+予備バッテリー+充電クレードルで、凄くお買い得感があります。400ルーメンで良いなら、おすすめです。

と脱線しましたが。。。

ライトを点灯して、USBケーブル(ライト側はMicroUSB)を接続します。

モバイルバッテリーに接続します。

すると、1秒経過しないでライトが消灯。。。やっぱりそうなのね。。

ダメ元で、充電しながら点灯ボタンを押す(長押し)も無反応です。。

これは。。ダメですね。

何故か使いながら充電する気満々だった訳で、100均でUSBケーブルを買い込んできましたが。。余りそうです(笑)

と言う事で、今回のブルベでは2灯共に夜間(暗い時)は点灯がレギュレーションです。

なので、予備ライトがなければ夜間に点灯しながら充電はできません。

と言う事で、現状できるのはVOLT400のセットについてきた充電クレードルで予備バッテリーを充電する事だけですね。

予備バッテリーは1本しか無いので、2本同時には不可なので、点灯時間を含めてうまく調整する必要があります。

ちなみに手持ちの充電クレードルは古い方のこっちです。

→ CAT EYE 急速充電クレードル/Amazon

新しい方は2になってて、USB電源の出力がついてて、ライトのバッテリーを使って、スマホなどを充電できる様です。

どのぐらい出力できるのか非常に興味がありますが。。買い足してもね。。。モバイルバッテリーたくさん持ってるし。。

検証してみたい気も少ししますが。。

→ CAT EYE 急速充電クレードル2/Amazon

メーカーの製品ページを見て、検討してみます。

→ CATEYE VOLT 800/製品ページ

→ CAYEYE VOLT 400/製品ページ

今回のブルベは、0時スタートの20時間です。

→ 参加予定のブルベ「BRM303 大洗・銚子300 (2019)」のキューシートが公開されたので見てみました

当日の日の出時刻、日の入り時刻は以下の時刻でした。(とりあえず水戸の場合)

日の出 6時7分

日の入 17時34分

集合場所への移動と日の出から1時間程度は点灯する事を考えると、出発後8時間と、夕方も1時間前(早いかな?)と早めに考えると3時間半点灯です。

Volt800の点灯時間は以下の様です。

点灯(ハイ) :約2時間(800ルーメン)
点灯(ミドル) :約3.5時間(400ルーメン)
点灯(ロー):約8時間(200ルーメン)

Volt400の点灯時間は以下の様です。

点灯(ハイ):約3時間(400ルーメン)
点灯(ミドル):約8時間(100ルーメン)
点灯(ロー):約18時間(50ルーメン)

夕方以降からは、Volt800の方をハイにしなきゃバッテリーは持ちますので。(日中に充電する)

出発から8時間の方だけ考えます。Volt400の方は近距離の路面を照らすのでミドルで朝まで行けそうです。

Volt800の方はミドルで良いかなと思います。3.5時間で、予備バッテリーの方は容量が2200mAhと少なく、Volt800付属の方は3400mAhです。

と言う事でミドルで点灯すると、容量比だけで考えると2時間15分です。2時間15分で、3400mAhを充電しきれるとは思えませんが。。

3400mAhを2本と2200mAhを1本で9.5時間をミドルの400ルーメンで使用できる計算です。

出発直後の明るい場所だったら、ローの200ルーメンで十分かと思いますので、行ける所までVolt800のローで行ってから、暗くなって危なかったら明るくする感じで行こうと思います。

なるべくバッテリーの節約が必要そうです。

バッテリーの消費ですが、ライトが3400mAhが2回、2200mAhが一回、サイコンのGarmin Edge 520J(700mAh)が2回と考えると

3400+3400+2200+700+700=10400mAhとなります。リチウムイオンからリチウムイオンへの充電なので効率がわるそう?

効率80%(なんとなく)とすると13000mAh必要に。。まじですか。。。(^^;

モバイルバッテリーを多めに持っていこうと思います。ライトのバッテリー消費量が大きいので、なるべくローで済ませたいです。

『CATEYEのライト(VOLT)が使いながら充電できるか確認してみました。』へのコメント

  1. 名前:ブラザー弟 投稿日:2019/02/26(火) 21:58:14 ID:d61339bfc 返信

    しげさんへ
    未確認情報ですが、ボルトシリーズのライトは充電しながら使えるみたいですよ。
    これはお店の人に教えてもらいました。
    自分も試しましたがダメでした。
    後日、詳しく話を聞くと、充電専用のUSBケーブルなら可能との話でした。
    通信機能があるのはダメみたい。
    ただ、そのケーブルを入手していないので試してないので未確認情報です。
    試してみてはいかがでしょうか?
    18650リチュウム電池を使うタイプのライトなら、かなり明るいですし点灯時間も長いですよ。
    ただし、大容量タイプじゃないと点灯時間は厳しいです。

    • 名前:しげ 投稿日:2019/02/26(火) 22:30:29 ID:5c211d64f 返信

      ブラザー弟さん
      コメントありがとうございます。
      充電できるって、そうなんですね。
      今やって壊す(そんなことないとはおもいますが。。)面倒なので、ブルベが終わったらチャレンジしてみます。
      100均のケーブルなので、充電専用じゃないかなと思いますが、できないのでデータ通信できるのかも?前に変換ケーブルを作ったはずなので、探してみます。

      あと、18650は手持ちのが発熱しすぎ怖かったので。。あまり使いたくなかったりして。。(^_^;
      ちゃんとしたのを選べはいいのでしょうけど。。なるべく今ので、なんとかしたいです。

  2. 名前:teruc 投稿日:2019/02/26(火) 15:58:27 ID:641e32917 返信

    こんにちは

    夜間は装備がいろいろ大変そうですね。

    僕の場合ですと、20キロくらいまでの速度なら400ルーメン1灯くらいで大丈夫ですが、30キロちかくまで出したいなら、600〜800ルーメン分くらい光らせないと怖いです。VOLT400は手元は明るいですけど、あまり先のほうは照らせない気がするので、ある程度の速度で走るなら、VOLT800で先を照らしつつ400で手もをと照らすと良いんじゃないかと思います。
    大洗までのルートはどう考えても街灯は期待できなそうですし、一度夜に荒川などの暗めのところでどんなものか走ってみたらどうですか? 

    暗い中でスピード出すと精神的に疲れますし、かといってゆっくり走って貯金を減らすと後半つらそうです。ここは機材で楽できるならなるたけ明るくして走ったほうが良いんじゃないかと僕は思います。あくまで参考までにですけど(笑)

    • 名前:しげ 投稿日:2019/02/26(火) 16:50:08 ID:7be3e9d1f 返信

      terucさん
      コメントありがとうございます。

      ライトですが、400ルーメンで荒サイぐらいの暗さだと20km/h超えると怖いです。
      夜の荒サイって、東京とは思えないぐらいの暗さですよね。(TOT)

      明るいに越した事ないのですが、ずーと800ルーメンを使うと、朝までバッテリーが持ちそうにありません。
      2時間しかも保たないので、朝までに3回電池交換する必要があり充電時間を考えると。。充電しても間に合わないはずです。
      走る場所の街頭が明るいと嬉しいのですが。。と言いつつ、すぐに暗くなりそうですね(^^;

      今までロングだと2灯使ってきましたが、Volt400のミドル(100ルーメン)で手前を照らして、800のミドル(400ルーメン)で少し先を照らすと割と良い感じです。
      ただ、本気で真っ暗で30km/h近く出てるとだと怖そうです。

      充電しながら点灯できれば良かったのですが。。
      計算してみたら、Volt800のハイモードの電流量が1.7Aになりそう。。(多分?)
      それ以上供給できる必要があるので、割とデカめのモバイルバッテリーが必要そうで
      8時間使用して、1本目は充電済みとして10000mAhのモバイルバッテリーまるっと消費ですね。すごっ。
      どんだけ抑えるかが。。重要そうです。

      • 名前:teruc 投稿日:2019/02/26(火) 17:04:39 ID:641e32917 返信

        こうなったら、奥の手で倶楽部の皆さんにVOLT800のクレードルのレンタルをお願いしてみたらどうですか? しげさんのとこならすぐ2〜3本くらい集まりそうな気もします♩

        • 名前:しげ 投稿日:2019/02/26(火) 17:30:07 ID:7be3e9d1f 返信

          terucさん
          お返事ありがとうございます。
          クレードルが有っても、充電するバッテリーが1つしかありません。(笑)
          バッテリーも借りて。。とは皆さん使ってるのでそう言う訳にはいかないので、手持ちで頑張ってみます。
          どうも同時点灯は1つで良さそうな感じなので、暗い所では明るめにして片方を充電するのもありかも。。しれません。その間、予備バッテリーも充電できそうです。

          ネットで見てきましたが。。200ルーメンぐらいで我慢して持続時間を取ってる人が多そうです。

          あとは18650(リチウムイオンバッテリー)を大量に持って交換するか。。
          16850バッテリーのライトを持ってますが、400ルーメンぐらいになると1時間程度で終了。。
          発熱がすごすぎて怖いので使わくなりました(^^;
          ライト問題はかなり難しそうです。

  3. 名前:Yo-sukex 投稿日:2019/02/26(火) 15:12:52 ID:cbbf6dd67 返信

    こんにちは。

    これもし私が間違っていたら指摘するのが怖いのですが「フロントライトを2灯以上」は装備だけで、夜間常時点灯は1灯のみで問題無い筈です(^^;)

    このレギュレーションの趣旨は1灯が夜間にバッテリー切れになっても、もう1灯が点灯出来るようにと安全に配慮したものだと理解しています。

    • 名前:しげ 投稿日:2019/02/26(火) 15:50:51 ID:7be3e9d1f 返信

      Yo-sukexさん
      コメントありがとうございます。
      ああ。。そう言う意味なんですね。
      ネットで調べてみましたが、良く分からなかったです。両方点灯!と書かれてた情報もありましたが。。
      1箇所だけしか見つけられなかったので、1灯以上ついてたら良いのかなと思えます。
      故障で、深夜の山の中で立ち往生とか。。目も当てられないので、予備というのは納得です。
      メール。。する程でも無いので当日聞いてみようかなと思います。
      なるべく2灯点灯で!1灯でも良いよ!って言われそうな気がすごくします。(笑)

  4. 名前:ShimaQ 投稿日:2019/02/26(火) 15:05:00 ID:1df29e08b 返信

    こんにちは。
    充電しながらの点灯、事前に試しておいて大正解だと思います。
    現場で(ライド中に)知ると、結構焦ります。

    私は、先日の三浦半島一周自走の時に、まっ暗な境川CRを走る時、VOLT800がちょっと心配でしたので、充電しながら走ろうとしたら...点かない!
    ライトが点くバッテリー持ってたんですが、ハンドルに取り付けられない!いざとなったら手に持って走るしかないか?と焦りました。
    飲み会では、hooliganさんとそんな話したんですが、しげさんにもお教えしとけばよかったですね。(^_^;)

    • 名前:しげ 投稿日:2019/02/26(火) 15:48:16 ID:7be3e9d1f 返信

      ShimaQさん
      コメントありがとうございます。
      実装で経験済みなんですね。実際に真っ暗な状態でバッテリー切れ。。しかも充電できないって泣きそうになるかも?(TOT)
      事前に知れて良かったです。