スピードセンサーの電池を交換しました。

こんにちは

最近、頻繁にスピードセンサーの電池残量が少ない!ってメッセージがサイコンに出ます。

早朝の寒い時間帯のみ表示される感じなんですよね。低温で電池の性能が出ないんでしょうね。

このまま使えそうでもあり、悩みましたがライドの途中で交換するのも面倒なので、交換する事にします。

今使ってるスピードセンサーはホイールのハブに巻きつけるタイプです。

ハブからセンサーを外します。

センサーの上にゴムのカバーが付いてる感じになってますので、裏側からはセンサー本体が見えます。

センサー本体を取り外します。良く考えると、電池交換したこと無いかも。。です。

コインで開けるのかと思ったのですが、下側の爪を爪で押して回せば簡単に開きました。

電池蓋に電池(CR2032)が入ってるので出します。

新しい電池を電池蓋に入れて入れれば電池交換が完了です。本体をゴムのカバーに入れて、ハブに取り付けます。

前に落っことして泣いた(もう一個購入)ので、それ以降はベルトを外側に巻いてます。

使ってるのはこれ。。

→ 3M ワンタッチベルト 12.7mm×3m ブラック NC-2232R3/Amazon

交換後に寒い時間に使ってみましたが、大丈夫でした。

そう言えば、古い方のバッテリー残量ってどんなもん?と測ってみました。

100均の電池チェッカーだと反応せず。。そうかなとは思ってました。計測電池が1.5Vのと、9Vのみなので、1.5Vの方で測ると3Vの電池だと振り切るかと。。思いましたが。反応せず、新品も同じでした。なんで!?保護回路とか入ってるのかなぁ?

面倒なので良いかぁ。。と思ったのですが、やっぱり興味が出てテスターで計測してみました。
2.56V。。意外とあるなぁ。。やっぱり低温では弱いのかも?

ついでに新品も測ってみます。2.91V。。ちょっと低い?容量少なめ!とか書いてあったけど、こんなもんなのか?

良かったら応援の1ポチお願いします。m(_ _)m
ポチッと押して貰えるとうれしいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ