シューズのクリートを移植しました

こんにちは

先日、到着したシューズを使うべくクリートを移植しました。

Newシューズは以下の記事の「SIDI Wire Carbon Venice」です。

→ Newシューズが来ました(SIDI Wire Carbon Venice)

クリートを両方に。。とも思いましたが、自分の性格的に今日はこっち!とかは無理そうで、1つ履いたらそればっかりになりそうなのと、手持ちのスピードプレイのZEROクリートが入手不能と言う事もあり、保存する事にします。

無いとは思いますがZEROクリート復活しないかなぁ。。

これが使いたくて、スピードプレイにしたんですよね(^^;

販売終了の情報をゲットした時に、1セット確保したので、大事に使います。

もう1セット行っとけば良かったかなと思う物の、今のクリートも既に2年を超えててなかなかの長寿命です。

今まで使ってたシューズからクリートを外していきます。

傷は多いですが、まだ。。使えそうですが。。色が黄色からレモン色?に抜けてます。

写真を撮らなかったですが、ベロの所で日が当たらない所と比べると、色の濃さが半分ぐらいになってます。徐々に変化してるからか。。全く気づきませんでしたけど。(^^;

旧シューズは掃除して、予備に保管するつもりです。

まずはカバーを外します。カバーは「keep on kovers Z.3 スピードプレイ専用/Amazon」を使ってます。無くして予備が1個になったので、値下がりしたタイミングで1つ買っておこうかなと思います。

これもそのうち無くなりそうですよね。。こんなカバーです。

結構傷だらけですが、そのまま使います。カバーを付けたまま使えるのが個人的にはすごくメリットなんですよね。

カバーを外すと、クリートが見えます。

カバーのおかげで2年強使ったクリートとは思えないぐらい綺麗です。

クリートの位置。。。ですが、ソールにメモリがあるのですが。。

スピードプレイのクリートの場合、隠れちゃうので役立たずな気がします。。

クリートのネジが一番端に取り付けてあるので、ネジの場所で決める事にしました。

ソールの形状は、新旧比較してみましたがほぼ同じ形状、大きさに見えるので、同じ位置につければ大丈夫でしょう。多分。。。

クリートを外すと、台?プレート?が出てきます。

プレートは、ソールのカーブを吸収して土台を真っ直ぐにする為に入れるパーツ。。に見えます。

シューズのカーブの形状によって、スペーサーを組み替えて取り付けるんですよね。

詳細は取付時の記事を見ていただければ、どんな物?か分かるかなと思います。

→ ビンディングシステムにスピードプレイを導入しました

SIDIにはスピードプレイ専用のシューズがあるのですが、それだとクリートの取り付け部分のソールが真っ平らになってるので、このスペーサー(台?)が必要ないそうですが。。

普通の方が安かったので当然こっちを選択しました。専用のシューズだと、台の部分の分のシューズと、ペダルの距離が短くなりそうですが。。見てる限りだと、1mm程度じゃないかと思います。

で。。プレートを外して、あまりに汚かったので軽く歯ブラシでゴシゴシ掃除してから新しいシューズに取り付けました。取り付け位置はネジの位置でだいたい設定します。

ダメだったら、ずらしましょう。やっぱりソールのメモリなんか見えやしません(笑)

プレートの上にクリートを取り付けます。多少ずれてても気にもしてない角度調整幅(15度)の間に収まって角度の違いは分からない気が。。します(^^;

両方取り付けてカバーを取り付けて移植完了です。

あとはベロの部分に切れ込みを入れます。こんな感じに沢山あるのですが。。

前回は全部切っちゃったんですよね。ネットを見ると1箇所で良いそうなので、左右同じ位置でシューズの内側から4個目(8個有ったので中央がない。。)に切れ込みを入れました。

ソールを見てみます。

相変わらずペラペラですが、KAOSのよりはかなり薄いですが、クッション材みたいなのが入ってるので、まだマシかも?です。が。。やっぱり薄いです。

あと、かかとの調整をします。

マイナスネジで調整しますが。。大したものじゃないですが、付属の工具を使います。

このネジを使います。

左右に有って、緩めると開きます。

色々やってみましたが、最大に締め込んだ位置で決めました。

あとつま先に空気穴を開閉するパーツがあるのですが、今の寒いので締めたままにしました。

熱くなったら開けようと思います。

とりあえず完了です。

最後に忘れてたので、スピードプレイのクリートに潤滑剤を散布しました。

これです。

→ KURE ドライファストルブ  速乾性潤滑スプレー/Amazon

このスプレーですが、耐久性は良く分かりませんが、ホント汚れを呼ばないので良い感じです。

『シューズのクリートを移植しました』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2019/02/08(金) 21:35:23 ID:4b2e1332b 返信

    お返事ありがとうございます。wireのアッパー硬いですもね?ERGOで42 WIREで42.5にしてます。同じサイズですと小指が少し圧迫されるんですよね〜 僕の場合。

    • 名前:しげ 投稿日:2019/02/08(金) 21:52:16 ID:48da274ce 返信

      お返事ありがとうございます。
      もしかしたら自分の場合、気持ち余裕があるので、気づかないのかもしれません。
      あと、確かにアッパー?は少し固めなので、当たりやすいのかも知れませんね。

  2. 名前:ノリ 投稿日:2019/02/08(金) 15:32:06 ID:31bc2eecb 返信

    外からすいません。最近から読ませていただいてます。 wireの横幅 以前の使用モデルより狭くないです? 自分も同じモデルを何足か使ってますがそんな感じがしてます。
    素材の違いかな? いかがです?

    • 名前:しげ 投稿日:2019/02/08(金) 16:02:52 ID:907b4406b 返信

      ノリさん
      コメントありがとうございます。
      KAOSからの変更なんですが、特に狭いとか感じませんでした。
      明日の記事に書きますが、中のソールをKAOSから移植?しましたが、普通に入ったので
      狭いとすると、そこじゃなくて上の方かなと思います。個体差でしょうか?
      ただ、足首の所が開放しない(紐が残る)ので足を入れる時に、少し履きづらいかなとは思います。