スポークテンションメーターを借りたので計ってみました

こんにちは

先日、スポークテンションメーターをお借りしたのでとりあえず手元にあるホイールを計ってみようと思います。

お借りしたテンションメーターはPWTのこれです。

説明書が付属していて、換算表が付いてました。

手元にあるのは、すべてアエロスポークなので、表の右側の「Braded Spokes」の方かな?

テンションメーターはこんな感じの形状でした。右側の3つの棒にスポークを挟んで左側のメモリで計測する様です。

中央部にレバーが有って、握ると3つの棒のうち、真ん中の棒が左に可動しました。

上下の棒にスポークを載せて、中央の棒の戻り加減で計測する様です。

裏側を見るとバネが付いてまして、このバネの強さでレバーが戻る様です。

バネの位置(戻り力)でキャリブレーションする様です。回しちゃ駄目なヤツですね。

DuraAceのWH-9000 C24-CLを量ってみます。スポークはエアロスポークで太さが2.0mm-1.0mmの様です。

フロントから行きます。35ぐらいの所に来ます。全体的に量ってみましたが前後10%ぐらいの所に収まってました。

スポークが2.0mm – 1.0mmなのですが、表にないので、2.0 *1.25の所を見てみます。

すると、89kgf(9.08Nm)でした。

リアは、左右で本数や角度が違うので、当然テンションも違うのかなと思います。

ハブ側から計ります。スポークが突き立ってて本数も少ないのでテンションが高いのかなと思います。47の所にあるのですが。。表で振り切ってて分かりませんでした。(^^;

もしかして、表の味方が間違えてる?

フリーと反対側は。。フロントと同じ35なので、89kgf(9.08Nm)ですね。

ついでにVision Trimax 30の方も見てみます。

スポークの仕様を確認しようと思ったのですが、分からず。。長さとか品番は分かったのですが。。

安物デジタルノギスだったので、意味いちはっきりしませんが、2.8mm – 1.6mmぐらいかな?

一番近そうな、2.8mm – 1.3mmで見てみます。

フロントから、33なので。49kgf(5Nm)ですね。これ違う感が。。

リアのフリー側。。34なので56kgf(5.7Nm)です。

フリーと反対側は。。33なので。49kgf(5Nm)でですね。

なんで、これ違う!?って言ってるのかと言うと、ホイールの説明書にこんな表がありました。

全然収まってないので、味方が違うのかと。。(^^;

ただ、性格な数値が分からなくても元にテンションを保存してあったり、隣との比較ができるので十分なのかなと思いました。

『スポークテンションメーターを借りたので計ってみました』へのコメント

  1. 名前:NIS 投稿日:2018/11/23(金) 20:00:23 ID:e148cbaf6 返信

    しげさん、こんばんは!

    スポークテンションメーターですが、
    ちょっとしたことで数値が高くなることがあります。
    (大抵は測る位置を調整すると大丈夫です。)

    英語ですが、パークツールには詳しい説明があります。
    https://www.parktool.com/blog/repair-help/wheel-tension-balance-app-instructions

    • 名前:しげ 投稿日:2018/11/23(金) 21:57:33 ID:951ad7c96 返信

      NISさん
      アドバイスありがとうございます。
      説明ですが、付属の説明書とは違いボリュームが凄いですね。時間のある時に読んで見ます。