江戸サイで関宿まで行ってきました。(後半)

こんにちは

昨日の続きです。昨日の記事は以下になります。

→ 江戸サイで関宿まで行ってきました。(前半)

昨日の記事で、江戸サイ右岸の松伏の所の休憩所まで来ました。

Yosukexさんと合流し、関宿城に向けて出発します。

まったりペースも最初だけで、先頭の2人は先に行きます。

後ろからまったり。。でもないですが、自分のペースで進みます。

スタート後間もないですが。。すでにていじんさんは坂の下の折り返した後に見えてます(笑)

自分は、この位置。。

そのまま進み、龍Q館を通り過ぎます。写真を忘れましたが、この先の10%勾配の看板が未だに謎です。(^^; どう見ても1%から2%ぐらいしかないんですよね。。看板。。きれいだし。。

スッゴイ天気が良いです。若干の向かい風がきついですが。。

橋を渡って、右岸に行きます。

遠くに関宿城が見えてきます。見えてきてもまら4,5kmあります。

で、到着。

自転車を止めて休憩しました。

関宿城のていじんさんの、おすすめポイントで集合写真(自転車ですが。。)です。

この場所良いかも。。次から使わせてもらおうと思います。

ていじんさんとは、ここでお別れです。

お疲れ様したm(_ _)m

関宿を出たら、帰ります。

行きによった、松伏の所の休憩所で、帰りはミルクセーキをゲット。

途中で、りょうくんが離脱して、3名になります。

途中に右岸の下に、コーヒー豆の直売所?があって、車が並んでましたが、有名なんだろうか?

今度、気が向いたら調べてみようかな。

で、みさとの風のひろばまできました。

NISさんに、アミノバイタルゴールドを頂いて飲みます。

休憩してたら、お疲れ様です!って誰かと思ったら、MITさんが到着。

ここで会えるとは凄いです。持ってますね。

ここで、Yosukexさんとお別れします。

NISさん、MITさん、私の3名でお昼にします。COCOSでハンバーグを食べました。

写真。。忘れて、ソースを掛けてから、あっ!と食べる前なので。。写真を。。(^^;

食べてる間、サイコンがピーピーってなってたんですが。。誰のだろう?と思ったら、自分のでした。バッテリー少し!って感じのメッセージが。。ちょっと早くない?

出る前に満充電になってたと思ったのですが、先週走って充電してなかった気が。。

しまったなと思いつつも、充電する術がないので行ける所まで行こうと思います。

食べて休憩したら、江戸サイに戻ります。

とりあえず寅さん記念館まで行って、解散する事にして出発します。

途中、間違えて砂利道に突入。良く間違えるよね!と言いつつ、すぐに上がれるかな?自分はそのまま直進。

全然なかったです、数キロ走りました。失礼しましたm(_ _)m

土手に上ってから、MITさん。ライト持ってないよね。寅さん記念館まで行って変えると暗くなりそうなので、ここでMITさんと別れました。

お別れして、そのまま進み。寅さん記念館の公園に到着です。指が。。(^^;

寅さんサミットのポスター発見。スタンプラリーもやってたみたいですね。

NISさんと、ここでお別れして。家に向けて進みます。

千代田線の地下道の入り口の所で、流石にバッテリー持たないんじゃ?と思って確認したら、残り2%。。。諦めてログを記録を終了させて電源を切ります。

地下道に入って帰りました。

そのまま家まで帰ってきて終了です。

本日の走行距離は114kmでした。

途中でログが切れたので、CATEYEのサイコンを見ると122kmでした。

皆さんお疲れ様した。楽しかったです。m(_ _)m

筋肉疲労がヤバそうだったので、いつもの「アミノバイタルゴールド ゼリー/Amazon」を飲みました。減ってきたので、もう少し使ったら、買い足そうかなと思ってます。

『江戸サイで関宿まで行ってきました。(後半)』へのコメント

  1. 名前:たかにぃ 投稿日:2018/11/08(木) 14:58:21 ID:eafdd5551 返信

    お疲れ様です。ストリートビューで見ると龍Q館過ぎの10%下りは、標識から少し先で一瞬だけ勾配が急になっていますね。短すぎてサイコンだと反応しないかな?
    地元の河川管理道路でも同じようなものや、下道との数mの接続坂を示す10%など何でわざわざと思うような標識があります。

    • 名前:しげ 投稿日:2018/11/08(木) 17:06:19 ID:0c5c7bb1a 返信

      たかにぃさん
      コメントありがとうございます。
      この10%の所ですが、反対側にも10%の看板があるので、この2つの看板の間が10%なんだろうと思います。
      実は、初めて見かけた時(2年半ぐらい前?)に、わざわざ降りて見てきたんですよね。
      https://cycle.photo-blog.jp/archives/3283

      やっぱり分かりませんでした。ちなみに2つの看板の間は多めに見ても2%ぐらいしかないと思います。(笑)
      当時、道路の舗装が割と新しいと思ったので工事して坂が消えた?とかかも?と思いますが、全く分かりません。(^^;

      しかし、数メートルの坂の斜度表示って意味が薄そうですね。

      • 名前:たかにぃ 投稿日:2018/11/08(木) 20:17:50 ID:eafdd5551 返信

        勾配標識は「急坂の始点から30mから200m手前の左側路端に設置」という規則なので、本来は土手に登り降りするだけの坂には置けないはずなんですよね。ほんと謎です。

        • 名前:しげ 投稿日:2018/11/08(木) 23:02:09 ID:ddf2cb1ab 返信

          たかにぃさん
          お返事ありがとうございます。
          そんな決まりがあるんですね、知りませんでした。
          そうなると、更に謎が深まりますね。