スピードプレイペダルのチタン軸をチェックしました。

こんにちは

4月に、ビンディングペダルのスピードプレイの軸(スピンドル)を、怪しげ?な中華なチタン軸に交換しました。

この記事のです。

→ スピードプレイペダルのスピンドル(軸)をチタンに変更しました

前の記事を見ていただくと分かりますが、ちょっと軸が太くてすんなりとは入らず、ヤスリで削って加工しました。チタン。。結構硬かったです。

などと言うのも有って、軸が変に削れたりヒビ(流石にないかなと。。)ができてたりしないかちょっぴり気になってました。しばらく使ったら、見てみようと思いつつ問題が無いので、すっかり忘れてました(^^;

使い始めてから2ヶ月強で、約1000kmぐらい使ってました。

と言う事で思いついたので、分解してチェックしてみました。

まずは、ペダルを外します。純正のクロモリ軸の場合、裏側にアーレンキーが使えたのですが、このチタン軸は無いんですよね。なので、ペダルレンチ必須です。

因みに使ってるペダルレンチはコレです。まあ安くて普通に使えます。良い!とも思いませんけど。。

→ バイクハンド YC-156A ペダルレンチ/Amazon

まずは、ペダルを外します。また(前回は軸の左右を間違えた)左右間違いそうなので、片方づつやります。(^^;

ネジ山は問題なさそうです。

ペダル側の先にプラスネジがあります。

これを外して、黒いキャップも外します。若干外しづらいので、何かで引っ掛けて外す形です。今回は以下のチェーンフィキサーを使いました

端っこの曲がり具合がなんとも良い感じです(笑)

→ バイクハンド YC-207 チェーンフィキサー/amazon

外すと中に、トルクスネジが見えます。これを外します。

トルクスドライバーは持ってないので、手持ちのこのビットを使いました。

使うのはT20です。

→ trad 6pcsトルクスねじ用ビットセット TCT-630/amazon

ロックタイトを使ってるのでちょっと硬めですが、難なく外せます。

このネジを外すと、軸を引っ張れば軽く取れます。

軸を見てみましたが、問題なさそうです。

峠ありで、2.5ヶ月弱、1000km弱を使って、全く問題なかったです。

安心して使えそうです。

確認できたので、スピンドルをペダルにさして、外したトルクスネジを締めます。

また緩み留めにロックタイトを使います。

→ LOCTITE(ロックタイト) ねじロック 243 中強度タイプ 10ml/amazon

ロックタイトをネジに塗ってから、トルクスネジ締め込んでから、黒いキャップをつけます。

ネジをつける前に、グリスアップします。

ネジ穴にグリスを注入します。使ってるのはこれなんです。

グリスは近所のホームセンターで買った、ウレアグリスだったと思います。

次はリチウムグリスと思って買い置きしてあるのですが、ウレアグリスが中々減りません(^^;

グリスガンは、「AZ 1ウェイ チッコイグリースガン/Amazon」を使ってます。

が。。圧がかかりすぎて、ピュー!!!って飛び散らせてしまう事が割と有って、ネジ穴にどれだけ押し付けるかが勝負って感じです。

100均のシリンジの方が使いやすい気がする今日このごろです。(笑)

この穴に押し込みます。

そうすると反対側から古いグリスが出てきますので、きれいなグリスが出てくるまで押し込みます。

きれいなグリスが出来きたら、プラスネジで、キャップを留めてから、出てきたグリスを拭き取って終了です。

反対側も同様にやりましたが。スピンドルは問題なさそうでした。

ちょっと不安でしたたが、中華チタン軸。とりあえず大丈夫そうです。

※色々売ってるので、すべてが大丈夫かどうかは不明ですので、やる場合には自己責任でお願いします。私の方で、保証はできません。

あと、使うグリスですが、安めのグリスで頻繁に入れた方が良いかなと言う印象です。

高いの入れても、出てきちゃうので。。(^^;