rec-mountsをサイコンを走りながら充電できる様に組み替えました

こんにちは

現在のサイコンマウントはrec-mountsを使ってます。

サイコンはGarmin Edge 520J/amazonCateye CC-MC200W/amazonを付けてます。

rec-mountsの構成は、ダブルアームのrec-mounts type19/amazonrec-mountsダブルアームキット/amazonで拡張してあります。

普通に走る分には問題ないのですが、200km近くになるとサイコン520Jのバッテリーが持たないんですよね。で、充電しながら走ってるんですよ。

遠い方に520Jを付けているのですが、手前に移動させないと充電できないんですよね。

で、最近知ったのが、マウントの形状の差が有って、手前のマウントの方が小さくて、520Jの充電コネクタを邪魔しないんですよ。逆に遠い方だと、頑張っても絶対に受電ケーブルが刺さりません。

詳細は、この記事で書きました。

→ rec-mountsでGarmin edge 520Jが充電できない理由を理解

手前のマウントと、真下過ぎて見づらいのと、下側にステムが来てL字コネクタじゃないとステムとの間のスペースが足りないのと、隙間が狭いので刺すのが大変なんですよね。

って事で、マウントの前後を入れ替えれば先の方で充電できるはず。

先の方だと、下側に邪魔な物が無いので刺しやすいはずですし、サイコンも見やすい筈。

って事で、交換しました。

変更前はこんな感じでした。先の方のマウントの方だと、手前側にスペースがあるんですが、手前側のマウントだとありませんよね。このスペースが邪魔で520Jだと充電できないんです。(のはず)

手前側のマウントに下部のアダプタを移植して520Jを付けてみます。

充電コネクタが見えるので問題なさそうです。

マウントを入替えました。

Cateyeのマウントって、高さがあるのだけが難点です。

これで充電が楽になりそうです。

『rec-mountsをサイコンを走りながら充電できる様に組み替えました』へのコメント

  1. 名前:たかにぃ 投稿日:2018/03/26(月) 10:31:14 ID:dccc17a5a 返信

    アウトフロントで充電できるようになって何よりです。520Jの表示データ増やすとその位置じゃないと見づらいですよね。自分も地図はステム上のスマホをチラ見ですが、520Jはアウトフロントじゃないと無理です。

    • 名前:しげ 投稿日:2018/03/26(月) 11:10:55 ID:a94309f0d 返信

      たかにぃさん
      コメントありがとうございます。
      そうなんですよ。手前だと非常に見づらいです。
      充電できないよりマシだと思ってましたが、改善できて良かったです。
      しかもノーコスト。