空気入れ購入しました

ミストラル購入後にハンドポンプについていた、変換アダプタ(米式→仏式)を使って

元々持っていた空気入れで空気を入れてましたが。。。

空気圧が全く分からないので、こんな空気圧をチェックするメータを購入しました。

空気入れながら、時々測って、更に入れてを繰り返して目的の空気圧より多めに入れた状態で

このメータをバルブに付けたまま、リリースボタンを押して圧力を下げながら目的の圧力にしていました。

さすがに面倒なのと、元々持っていた空気入れは、タンク?が付いているタイプですが、どのぐらいの気圧迄

対応しているのか良く分からんと言う、空気入れです。購入時には書いてあったのかも。。ですが。

メーカーすら分からない状態です(^^;

空気を入れた後に、空気入れのタンクを触ると、温度が高くて熱っ!!と思うぐらいなので50度から60度ぐらいに

なっていて、対応気圧が分からないので不安に。。なるのと、多めに入れて、抜く!と言う行為が面倒になったので

空気圧計が付いている物を購入しました。

(熱くなるのは、空気を圧縮しているので当然で問題無しの可能性が高いですが、タンクが破裂したり接続部が割れたり、外れたりするのも不安なので。。)

買ったのは安くて、英式、仏式、米式を対応していて、一番評価が高そうなこいつです。

一昨日注文で、昨日到着しましたが。。350円程上がってるし。。

この値段だったら、気になってたこっちを買ってたと思います(^^;

こっちは、普通の自転車の英式に対応してないので、除外しただけなんですよね。

早速使ってみみました。

空気入れ GIYO GF-55P

足の部分がプラスティック製で若干不安を感じますが、軽くて良いと言う事にしておきます。

メーターの部分はこんな感じです。

空気入れ GIYO GF-55P メーター部分

周りがダイヤルになっていて、赤い矢印部分を目的の空気圧の所に移動させて、矢印を目標に空気を入れてきます。

バルブ部分はこんな感じです。

空気入れ GIYO GF-55P バルブ部分

仏式、米式の場合には、この穴に直接バルブを指して、反対側にあるレバーを立てます。

元々使ってた空気入れは、レバーを倒すとロックされるのですが、これはレバーを起こすとロックされました。

この辺りは基本、共通だと思ってましたので、ロックできずに悩みました。

空気を入れるのは、多少力は必要ですが、問題なく入れられます。

空気圧計ですが、最初にある空気圧計だけの物と0.5気圧弱の差があります。

どっちが正しいんだろう。。